Journal 01.1,2017

食卓が好き、菊地食堂は私が作った料理の写真です。

母は料理がとても上手でした。
うちでしか食べた事がないような料理が沢山あって、だけどなんか恥ずかしくていつも秘密にしていました。キャビアのことも、ラザニアのことも、土瓶蒸しに、テリーヌに、ピンク色の寿司飯、ミートローフのことも。きらきらとひかる食卓がとても美しくてその光景が大好きでした。

10日間のおやすみを頂いて北欧へ行きました。IN LONDON

Journal 15.10,2019

20代はじめ、沢山旅に出た。
私には勿体ないくらいに、可愛くてオシャレで面白くって、東京!って感じの元気な友達に恵まれ、十分に刺激的で満足のいく毎日だった。青山や渋谷のクラブに行って、流行りのお店で食事して、流行りの洋服を来て、みんなでフジロックへいく。どれも嫌じゃないけど、当時の私にはなんだかちょっとしっくりこなかった。小銭を貯めてはエアチケットを買って成田へ向かった。バックパックを背負って色々な場所を旅した。どこかの国へ行っては、マッチ売りの少女みたいに温かい場所で食事をしてる誰かの窓を覗いては、私なにやってんだろ。って悲しくなったりして。だけど、気持ちよかった。そうやって何回も何回も旅を続けて、毎回のように後悔して、毎回のように怖い怖いってどきどきしながら、新しい国を歩き、新しい何かに出会って、そうこうしているうちに25歳くらいになって、旅はやめた。「いつか立派になったら、またヨーロッパを旅しよう!」そう胸に決めてから、あっという間に10年がすぎていた。

夫との10日間のヨーロッパ旅行。一応新婚旅行だ。「100回新婚旅行に行こう!」と夫が言い出したのが数年前。結局どれが新婚旅行なのかわからなくなったが、きちんと旅行として手配した今回の旅を私は新婚旅行だと思ってる。久しぶりのヨーロッパ放浪。思い出に残る旅にしたい。そう思った。

日本から17時間くらいかけてLondonへ到着。カタコトでさえ英語を喋ってくれない夫のお守りみたいな日が続き、写真を撮る余裕もなくって、Londonで早々に大喧嘩。Londonは夫のために経由したようなものだったのに、おんぶに抱っこ状態な夫にいい加減耐えられなくなった。「もう日本帰れ!」つい口走ってしまった。Oxfordあたりを過ぎた頃だった。とにかく一人で旅したい。切実にそう思った。夫も私の態度にブチ切れて何か酷い事を大声で言っている。強い雨が降り始めていた。もう一緒にいたくない。このまま街へ消えてしまおう、早足で通りへさっと入って歩き始めた。清々しい気分だ。私の旅が今始まった!みたいな気持ちでわくわくする。しばらくして後ろが気になって振り返る。逆ギレしたはずの夫が、子供みたいに小さくなって私の後をついてきていた。可愛い気がした。そうしよう。可愛いことにしよう。そうやって私達の旅はLondonから始まった。

Londonで食べたもの。
EastLondonのカフェでカフェオレ
パブのフィッシュアンドチップス
パブのビール
レストランのフィッシュアンドチップス
スーパーのかちかちご飯のスパイシーロール
バナナ
REGENCY CAFEのイングリッシュブレックファースト
Sohoのカジュアルなイタリアンでマルゲリータ
ベーグルサンド
スーパーでスナックとビールとヨーグルトとスコーン

たらこパン

パン 13.10,2019

パンの真ん中をカットして、そこにバターを多めに塗る。たらことマヨネーズをあえたものを多めに入れてオーブンで焼く。焼きたて熱々をほくほくしながら食べるのがすっごくすっごく美味しい。

野菜たっぷりハヤシライス

洋食 12.10,2019

台風がまた来た。
家族や友達と連絡を取り合う。夫は朝からずっとぐーすか寝てた。玄関に防災グッズを準備して、テコに首輪をしていつでも出れるようにして寝た。何だかざわざわしていたから、肉と野菜を鍋に放り込んでゆっくりと煮込んだハヤシにした。

日本食を愛してる!

Journal 12.10,2019

愛してるなんて言葉はそう滅多に使わないけれど、日本食を愛してる!ホームの反対側の人に向かって叫べるくらいにそう、愛してる!!わりと、どこの国へ行ってもなんでも美味しく楽しく食事をできるタイプではあるけれど、今回の旅では毎日のように「日本食が食べたい。」そう呟いていた。帰国して直ぐにスーパーへ走り食材をたんまりと買い込んで、浅漬けやらピクルスやらの瓶詰めやタッパを作って空の冷蔵庫をパンパンにした。そしてカレーを作った。ようやくほっとひと安心して、さぁ、次は何を作ろう?気持ちも落ち着いたところで大事なことを思い出した。あ、先日仕事で美味しい餃子の皮が成城石井に売ってるって聞いたんだ!!決めたら私はとにかく早い。たねを仕込んで、お風呂にゆっくり浸かりながらアルジタルのクレイパックして、麦酒を片手にyoutube見ながらあーでもないこーでもないって一人ぶつぶつ言いながら餃子を巻いた。成城石井で買ってきたもっちもちの皮で。

高野豆腐の煮物
ジャコのグリーンサラダ
パイタン風卵のスープ
ニラと白菜の餃子
夫は酢醤油と、辛い豆豉醬のタレ
私は酢胡椒と、黒酢のタレ

夕方に明太納豆卵かけご飯を食べたばかりだから軽めの餃子夕飯となった。日本食を愛してる。今夜も最高だったよ。

バイマックルーなキーマカリー

カレー 25.9,2019

大蒜・生姜のみじん切り、クミン、玉ねぎはよく弱火で炒めます。ペースト状になるまで。肉は別のフライパンでじっくりと油が出るまで焼きます。余分な油は拭き取り、そこに炒めておいた玉ねぎペーストを入れ、スパイス等を炒め入れ、人参とトマト缶の水分系のものを入れます。なじませたら水を入れて弱火で放置。塩で味加減。水分が減ってきたら出来上がりです!


バイマックルーなキーマカリー

大蒜・生姜のみじん切り
玉ねぎの粗みじん切り
人参のすりおろし
ひき肉
ひよこ豆
トマト缶

[スパイスなど]

クミン
コリアンダーパウダー
チリパウダー
カレー粉
レモングラス
バイマックルー

卵ご飯

和食 17.9,2019

ずっとずっと、どうしてもやりたい事があった。

先日、お仕事で伺った料理家さん宅で、撮影後にトマトと卵の炒め物をささっと作ってくれて、「ああ、そうそう、これこれ。」って、黄色にひかる卵を眺めながら、夢を叶えるべく挑戦する事を心に誓った。15年くらい前、友達のジャックが中国で暮らし始めるようになって、私も中国へ遊びに行ったりなんかして、中国の事をジャックに色々と教えてもらった。中でも私の胸に一番残っていたのは、中国での暮らしの中で一番美味しかった食べ物について聞くと、ぼんぼんで食いしん坊で高級志向なジャックが「トマトと卵の炒め物!!」って目をきらきらさせながら言った。冷蔵庫に無かったからトマトは入れられなかったけれど、ようやく我が家にその味がやってきた。ようこそ我が家へ。Dreams come ture.

卵ご飯
山田工業の中華鍋



冷や飯

See you タコのセビーチェ

エスニック 14.9,2019

オオゼキの鮮魚売り場へいくと、ついついタコハンターになってしまう。今日はいいタコいるんじゃないかってドキドキわくわくしちゃう夏。初夏に作った青柚子胡椒がもうすぐなくなる。寂しい。だけど、また来年。See you!!

タコのセビーチェ風
タコ
青柚子胡椒
玉ねぎ

愛しのMY塩辛

和食 07.9,2019

チョコレートより、ショートケーキより、ハンバーグやカレーよりも好物なのは、母が作った塩辛でした。汁をご飯にかけて何杯もお代わりしていました。冷蔵庫の中に今夜もいるんだって考えただけで、はぁ〜ってため息。ピンクと紫のハーフみたいな不思議な色した、ねっとり艶めく愛しのMY塩辛。

塩辛
するめいか

朝食

和食 07.9,2019

梃子の抜糸が終わった。昨日は珍しく家族で長い時間を過ごした。
抜糸は思いの外、すぐに終わって、なんだか穏やかな平和な夜だった。平和っていいなぁってつくづく思った。家族が健康でいてくれるだけで、本当に幸せなんだなって。今日からまた撮影の日々が続く。頑張ろう!家族と自分のために。

朝食
ご飯
玉ねぎとお揚げの味噌汁
ツルムラサキの胡麻和え
切り干し大根
納豆たまご
大根の醤油漬
ハムマヨ
バナナヨーグルト

秋刀魚のオイル煮

洋食 02.9,2019

今日は秋刀魚の塩焼にしよう!って日に限って旦那がライブだったりする。そんな時は、オイル煮です。三枚おろしにして塩をふり少し置いてから水気をとって、オリーブオイルとニンニク唐辛子で弱火で煮るだけ。

冷製たこのスパゲッティ

洋食 01.9,2019

今日から新学期です。
8月は本当に色々とあった。作品の事、友人の事、愛犬の事。胸がズキズキするような事が目まぐるしく重なった。だけど、なんだかよくわからないけれど「あぁーもう人生なんて疲れたよ〜うぇーん」みたいのは全く無くって「新学期がきた!!」って、9月1日な今日を意気揚々と迎えてる。

人それぞれ、沢山の悩みを抱えて生きているって本当に思う。
悲しみが生ゴミみたいなものだとしたら、それが腐る前に毎週月曜日の燃えるゴミの日に捨てよう。そう思った。思い出は美しいうちに、ご飯は温かいうちに、彼の熱が冷める前に、次の準備を意気揚々とした方が人生はちょっと楽しい気がした。ぜんぜん哀しくないって言ったら嘘だけど、哀しみは乗り越えたとでも言ったらいいかしら。Good bye サマー!!Hello my 新学期!!

8月はたこのセビーチェばっかり食べていました。Tahnk you たこ!!

冷製たこのスパゲッティ
茹でたスパゲッティ
オリーブオイル

たこのセビーチェ風 [ライムは入らない]
たこ
今夏に作った青柚子胡椒
青柚子の絞り汁

セロリキーマカレー

エスニック 30.8,2019

先日、仕事で神楽坂へ行った。その時になんとなく塩を購入した。
グラム売りだったから銘柄はすっかり忘れちゃったんだけど、その塩がとにかく美味しい。なんか、塩が美味しいって表現は今までよくわからなかったけれど、この塩は、ただの塩なのだけどとってもとっても美味しい。甘くて美味しい。残念な事に塩の説明も聞いたはずだったけど、全てをすっかり忘れてる。

もちろん、大好きな醤油の事はいつも頭の片隅にあって、だけど、とにもかくにも、この銘柄不明な塩に夢中だ。もったいないけど使いたくって、パスタを茹でるときでさえ使ってる。だから、今日のカレーはなんだかすっごくいい感じ。

セロリキーマカレー
ニンニクと生姜のみじん切り
セロリみじん切り(葉っぱも全部)
玉ねぎ
クミン
コリアンダーパウダー
大津屋のカレー粉
チリパウダー
ガラムマサラ

トマト缶

[付け合わせ]
目玉焼き、新生姜の甘酢漬け、マンゴーピクルス

野菜たっぷりミートソース

洋食 27.8,2019

お肉が苦手だからか、ミートソースの肉にくしさや、あのボロボロ感が厭だった。だからうちでは、野菜を結構多めに入れる。そうすると、お野菜の水分が、油っぽいじゃないジューシー!って感じでみずみずしくって美味しい。

ミートソース
オリーブオイル
みじん切りニンニク
みじん切りセロリ:みじん切り玉ねぎ:合挽肉 1:1:1の割合
トマトホール缶
ケチャップ、ソース お好み
コンソメ

タコと柚子胡椒のセビーチェ

Journal 18.8,2019

タコと柚子胡椒のセビーチェ
青柚子を絞った汁
青柚子で作った柚子胡椒
タコ

玉ねぎの粗みじん切り

オリーブオイルの中にニンニクみじん切りをいれて
フライパンで軽くカリッとさせたものをかける

チンジャオロース風野菜の炒め物

エスニック 17.8,2019

夫はチンジャオロースが好きだ。牛肉は高級だから、ついつい冷蔵庫に常備してる豚肉で作って「チンジャオロース風だからね」って言っても、いえーいって感じで嬉しそうに食べてくれる。今朝、実家の犬が死んだ。ドロシー、ワイヤーホックステリア、享年17才。目も見えない歩けないおしめをした呆けた犬の介護に明け暮れる母は本当に大変そうだった。仕事と介護。殆ど寝てない1年を過ごしたんじゃないかって思う。こないだ電話したら「もう、ドロシーを抱っこできないって思うと、、、今赤ちゃんみたいになっちゃってこうして夜中でも朝でもみるのが大変だけど、寝てなくてママ本当に倒れちゃいそうだけど、今のこの時間がいいって思うの。」老犬の介護が大変で安楽死させるっていう話を聞いたことがある。介護が壮絶だったからもう二度と犬を飼わないって話も聞いたことがある。死っていうのはどこかずっと怖かった。だけど、愛でそれを乗り越えようとしている母をみたら、何だか温かくて強くなれた日だった。

チンジャオロース風野菜の炒め物
豚肉
ピーマン
茄子
新生姜
[味付け]
九州の醤油
オイスターソース
胡麻油

いつものサンドイッチ朝食

パン 15.8,2019

朝食は時間をかけない。作るの10分、食べるの5分。お盆でもそれは変わらない。鉄瓶で沸かした白湯を飲みながら、スーパーで買っておいたコッペパンをオーブンに入れ、その間にウィンナーをボイル、フライパンでプレーンオムレツを焼き、コーヒーを淹れてカフェオレを作る。毎朝決まって食べる、夫はバナナヨーグルト、私はバナナヨーグルト甘酒豆乳きなこのミックスを一気に胃に流し込んで、5分でサンドイッチを食べて、ごちそうさま!!夫は二度寝へ、私はカフェオレを持ってデスクへ。いつもと同じ朝。

ボヘミアンラプソディな夜

エスニック 14.8,2019

甥と姪はクイーンが好きだ。
先月、LAから東京へ夏休みで帰国した彼らをカラオケへ連れて行くと、ずっとクィーンで盛り上がっていた。ドライブ中の車中でもクィーンを熱唱してた。彼ら世代の若者の間では今はクィーンが流行ってるのかぁって思った。昨晩、夫と夕飯を食べながらボヘミアンラプソディーを見ていたら、それは違うってことに気づいた。そこには昨年病気で他界したNicoちゃんがいた。音楽が大好きでドラマーでアメリカでバンドデビューして、最後はツアーディレクターになった彼らのダディー!!大好きなNicoちゃん!!!最後のシーン、大きなステージで伝説のチャンピオンを歌うフレディマーキュリーに色々が重なって色々が走馬灯のようになって沢山が溢れる私。やばい、映画の中にいる観客のように今にも失神しそう!ふと振り返ると、私の少し後ろ、ソファーに座った夫が見たことないくらいに、目をまんまるくして今にも失神しそう!学生時代に始めたバンド結成からデビュー。そして今も音楽を続ける夫の中から200% 何かが溢れちゃっている。We are the champions,my friends,
We are the champions, We are the champions,,,
たとえ苦しいことがあろうとも、戦おう。私たちは、皆チャンピオンだ!!敗者などはいない!We are the champions, my friend!!!!!! 我が家の夜は感動と勝利に包まれた。

白米
切り干し大根のタイ風サラダ
空芯菜と海老の炒め物
納豆
レバーのクミン炒め
甘酢漬けの煮卵
前日の残り物のトウモロコシとアサリのバター醤油焼き

山田工業の中華鍋がやってきました!

エスニック 13.8,2019

お肉が苦手な私にとって、野菜はご飯の主役となる。だけれど、野菜って粗雑に扱われがちだし、最近はようやく日本でもヴィーガンが浸透してきたからベジベジ言われだしたけれど、全然そういうんじゃない。だってベジミートのハンバーグなんて全く興味がない。だけど、私の大好きなウーさん(ウーウェンさんの略です。)だけは違った。野菜の切り方とか、野菜の炒め方とか、旬の野菜をただただ美味しく食べるための工夫が素晴らしいのだ。師匠の次くらいにウーさんを尊敬してる!私にはあんなに丁寧にはできなくって、夏になったらぷりっぷりの胡瓜を冷やして丸かじりするようなものだけれど、それでもウーさんの本を開いては、ほほーって勉強してる。ずっと欲しかった中華鍋。いつか大人になったら買おうって思ってもうおばさんになったけれど、いつかお金持ちになったら買おうって思って、ぜんぜん貧乏暇なしだけど、なんか急にイナズマが走ってネットでさくっと買った。どきどきしながら手入れをして、まず最初に作ったのは、もちろん野菜炒め!!これがやりたかった。シャキシャキの野菜!!何だよ、もっと早く買えばよかったと大後悔。それくらい美味しい。

小松菜とベーコンの炒め物
胡麻油
神楽坂のE-toというお店で買った、名前がわからないけれどとっても美味しい海塩
小松菜
ベーコン

今夏流行りの酢煮卵

和食 12.8,2019

煮卵は、たいがい冷蔵庫に常備してる。いつもは市販の麺つゆに茅乃舎の出汁の粉末と甜菜糖を入れる。だけど、今年の梅雨は長くて、苛々したり、気だるかったりで、やたらと酸っぱいものが食べたくなった。だから、ちょっといつものはやめて、甘めのお醤油とお酢だけで浸けてみると、酸っぱ甘い煮卵!最高な美味しさ!!熱々のご飯に乗せても、冷えた麺の上に乗せても、スッキリするけど濃くまろ感で食欲ない日だって、ご飯がもりもり食べれる!ポイントは始めに醤油と酢だけのタレが濃い状態で少し浸けて、卵に色がついたら水を足して薄めておく。そうすると、綺麗な茶色の色味がついて、これまた食欲がそそる。多分アニスを入れても美味しいって思う!

酢煮卵

酢と九州の濃いめの醤油 1対1の割合
水(あとから薄める用)

レバーのクミン炒め

エスニック 12.8,2019

ちょっと前にイライラが止まらなかった。
寝ても覚めてもじゃないけど、ずっとイライラしてた。別に仕事が超忙しいわけでも、女の子の日なわけでも、寝不足でも、旦那さんと喧嘩したわけでもない。急にやってきたそのイライラ病は2週間くらい止まらなかった。しまいには夢の中にまでやってきて、STOP!THE イライラ!急いでネットで調べた。どうやら鉄が不足するとイライラするらしい。iHerbでIronを探しまくった。そうこうしてるうちに、暑い夏の日がきた。毎日太陽さんさんで梅雨でずっと着れなかったお気に入りの夏服たちを大放出毎日エンジョイしてたらイライラは消えた。

オオゼキで格安だったレバーを見ていたら、イライラ病のことを思いだす。「あ、鉄チャージしておこう。」夏だから何だかくどくない感じにしたくってクミン炒めにしたら、美味しくって、これまたご機嫌。

レバーのクミン炒め
レバー [よく水洗いをして血の塊を取り、ヨーグルト、生姜・大蒜のすりおろしに漬けて臭みを取る]
玉ねぎ
クミン

好きな油

柚子胡椒

和食 11.8,2019

柚子胡椒を作った。
柚子胡椒だけじゃなくって、いっぱい今日は気持ちよく作った。夫はツアーで長期不在。そして盆。仕事もたっぷり溜まってるし、新しい機材の色々も、それ以外の写真のことだってたっぷりなのだけど、朝6時に起きて、数週間前から予定にいれてたキッチンの大掃除をはりきって始めて、道具たちも全部綺麗に洗って太陽の下に干して、いろいろの配置を変えて、キッチンテーブルよりうっとり私なりのコンプリートを遂げたキッチンを眺めたりして、ご満悦でスーパーへ行き!ぴかぴかのキッチンで料理をして夜となりました。盆、最高です!むちゃくちゃ忙しい!

柚子胡椒
青柚子
青唐辛子

あまった夏野菜のキーマ

Journal 11.8,2019



残り野菜でキーマカレーを作るのが結構すき。
冷蔵庫も綺麗になるし、勝手にお料理上手気分になるし、お野菜たっぷりでヘルシーな感じだし、良いことづくしだから。

あまった夏野菜のキーマ
豚ひき肉
生姜と大蒜のみじん切り
余ってる緑色の野菜を粗みじん切り [セロリ、小松菜]
玉ねぎ
ミニトマト
—————-
コリアンダーパウダー
カレー粉
ガラムマサラ
チリパウダー
カレールー 1片
—————-

黒酢冷やし麺

エスニック 05.8,2019

外出からの帰り道、”お昼、何を食べようかなぁ”って、ぺこぺこのお腹で考える時間が結構たのしい。冷えた胡瓜の浅漬けがあったな、きっと味がしみしみになってて、最高だろうなぁ。冷蔵庫に大量に買ったミニトマトがあったな。やっぱり暑い日は冷たい麺がいい!そうしたら、黒酢でさっぱり冷やし麺にしよう!!

黒酢冷やし麺
中華麺 1玉
胡瓜の浅漬けを刻んだもの[胡瓜、昆布茶、テン菜糖、ごま油、塩で浅漬けにして、よく冷やしたもの]
ミニトマト
紫蘇
茄子の塩もみ
[タレ]
黒酢 大さじ2
五香粉 小さじ1
オイスターソース 大さじ1
胡瓜の浅漬けを作った時に出る汁は捨てずにタレに入れます。
白ごま

eat LOVE DAY16

Journal 24.7,2019





eat LOVE Day 16 / 彼はぼく
を更新しました。

———————————–
eatLOVE
東京郊外に
男と男のカップルが猫10匹と住んでいて、
平凡で奇妙なその暮らしを女が写真におさめる。
食卓を囲みながら他愛のない話をしている時間はつかのま家族。
血のつながりも年齢も性別も関係なく、
ただその場を大事にご飯を食べる。
eat LOVEは、そんなニュー家族の写真と文による記録です。

文 / 野村浩平 料理 / 伊藤通洋 写真 / きくちよしみ
———————————–