ブルスケッタ

Journal 21.8,2018

好きなものを好きなように食べましょう!と育てられた。大人になってから、サンドイッチを食べたときにアンバランスになって残ったパンも、ピザの持ち手となっていた端っこの分厚いも、いつものように皿にぽんと置けば、食べ方が汚い!とか、勿体無い!!とたびたびだれかに非難された。最近、海外の番組でベニスの総菜屋さんのブルスケッタ(カットしたパンの上に色々な惣菜が乗った食べ物)を食べ歩くっていうのを見たのだけど、グルメらしいおじさんがブルスケッタのパンの部分をスプーンかのように口へ運び、具だけぺろっと放り込んで、パンをぽいってした。「太るし、美味しくたくさん頂きたいんだ。」俺って、スマートだろって言わんばかりにパンをぽいぽいしながら、たくさんのブルスケッタを平らげていった。とっても幸せそうに。oh!!アメージング¡と、目をきらきらさせて、頬張る笑顔は最高でなんだか私までハッピーな気分になった。やっぱり母の教えは間違ってなかったんだね。

eat LOVE day 7 /// 月が綺麗な夜に

野村浩平さんとミッチーとのプロジェクト 19.8,2018


今日は1ヶ月ぶりのeat LOVE で写真を撮りに八王子へ行った。京王八王子の駅を降りると、何だか風が冷たくて「秋だよね。」「秋だー。」「ああ秋だよね。」「やっぱり秋ー!」って、迎えにきてくれた車の中でのむらさんと秋って言葉を連呼しては、秋を一緒に感じてた。そんなWelcomeオータムン!から、昨晩の秋みたいな夜の話をした。急に蒸し暑さがなくなって涼しくて、旦那さんがいつもみたいに朝方に帰って、何だかなかなか寝つけなくて、朝の4時に寝たんだよねって。そして「なんか、夜に秋が急にきて怖かった。」そう付け加えた。のむらさんが「え。あのね。」って、季節が急に来て怖い事を前に文章にしたら、人に笑われたんだよー。同じ事思う人がここにいたのね、ほほぅって感じで頷いた。それから、呼んでもいないのに勝手にある日突然やってくる季節が「怖い!怖い!!」って怖い怖い!を連呼。そのうちにお家に着いた。

ミッチーのご飯は今日も温かかった。当たり前のように座って、当たり前のように光の当たったテーブルで、当たり前のように寝ている猫たちと、当たり前のように言葉や沈黙を咀嚼して、当たり前のように「またね。」と言って帰る。たぶん、次の、その次の秋でも、突然それがやってきちゃって怖くなったとしても、東京の夜の中で怯えてる、のむらさんを思い出したらきっとちょっと笑っちゃうかな。真夜中にね。今夜は月がとっても綺麗な夜でした。

失敗したオムレツ。

Journal, 洋食 14.8,2018

窓から懐かしい匂いがした。
最近も、もっぱらひとりで食事をしてる。オムレツが失敗しても誰にもなーんも言われない。あぐらをかいて、携帯片手に、ビールを片手に食事をしたって誰にもなーんも言われない。だからね、失敗したオムレツは失敗ではない。誰かがこの結婚のことを失敗だと言っても、オムレツと同じ。決めるのは私。秋みたいな風が吹いて、窓辺にある雑誌が音を立ててなびいてる。そっか、彼の匂いだった。恵比寿に住んでて、仕事が忙しいからって夜まで洗濯物が干してあって、そうだ、わたしさっき夕方に洗濯をしたんだった。とても懐かしくてたまらない。私って幸せなのか不幸なのかよくわかんない。だけど、全然哀しくないよ。せいせいしてる。

Kyoto

Journal 12.8,2018

盆に京都へ行った。

京都へ行くと、何かが起こる。せくめとのママになったメグちゃんと楽しく楽しく京都の夜を遊んだ後に、錦湯に行って汗を流してから23時くらいにライブハウスに戻った。お疲れ様でしたな演者さんたちと何杯か呑んだ後、餃子の一号店があるよって、寺井くんが連れてってくれた。歌わない時の彼はぐにゃぐにゃでまるで別人だ。何だかもう一杯ってなって、ホテルに缶チューハイを買って三人で帰って、いびきをぐーすかしだした輩の隣で、しょーもない中学生みたいなセックスの話を二人で夜更けまでした。ぐにゃぐにゃが王将からしきりに、私達夫婦は本当に仲良しだって、何度も何度も、酔っ払ってるからか、何度も何度もひつこい位に言うから、次の日から8か月前の仲良し夫婦に戻った。

世界には色々いる。我は霊能力者だからと偉そうに別れなさいと呪いをかけるのもいれば、ぐにゃぐにゃしながら簡単に遠く離れた心を戻しちゃうのもいる。もし、最高に哀しい日があったら、部屋でベッドで突っ伏してないで、そうだ京都へ行こう!!

名づけて、フォーメン

エスニック 08.8,2018

案の定、それは氷山のよう!または、夏の大三角形とか、とにかく激しく尖ったやつ。
夫婦で久しぶりに肩を並べてバスに座って、健康診断の結果を聞きに行った。先生がはじめに「えっと。」って言った。お楽しみは後にって感じで、淡々と私の診断結果を説明をする事とものの2分くらい。全体結果のグラフがほぼ円形となってる私の数値は、問題なしゾーンのエリアに仲よく手を繋いだ点たちが収まっていた。「次は旦那さん…」診断結果になにやら沢山書き込んである様子。先生が一つずつ説明する。そして氷山が現れた。「旦那さん、これね病院いくレベルの数値飛び抜けました。高血圧以外は完全に全部お酒ですよ。」テーブルにだされたグラフのそれぞれの数値は全体的にすごくあっちこっちにとんがってる。まさに酒乱時の旦那さんそのもので、完全に爆発しちゃってた。人間のストーリーはよくできてるもんだなぁ。心身も環境も全部よく繋がっているものだ。と関心した。帰って台湾の麺でフォーを作ってずるずるすすりながら、人間って本当シンプルなのねぇってひとり納得した。

青唐辛子の酢漬け
骨つき鶏を炊いたスープ
鶏がらスープの素

台湾麺
ねぎ
生のもやし
ブラックペッパー
食べる時にナンプラー

トマトたっぷりグリーンカレー

エスニック 06.8,2018

ずーっと心に引っかかってる事がある。かれこれ9ヶ月くらい。
旦那さんの祐天寺のお店で、ボイストレーナーの傍ら霊能力者だというおじさんが「嫁には鬼が付いているから、別れた方がいい!」と、ある日に言い出した。霊能力者とか、占い師というのは、人や世が明るい未来を過ごす為の生き物だと思っていたのだけど、言霊という怨念を頼んでもいないのにくれて、その言葉のダメージで夫婦をおとしめようとしちゃう新種なようす。そしてもうひとつ、新種な理由に客引きがいること。旦那さんがバイトをしていた中目黒のバーの常連でヘアメイクをしているという同世代の女性。なんで客引きするのかなぁ?なんで旦那さんに連絡してくるのかなぁ?なんで結婚してるのに平日休日いつもいつもバーにいるのかなぁ?家事やらないのかなぁ?なんでかなあ?寂しいのかなぁ?仕事あまりないのかなぁ?ちょっと気持ち悪いなぁ?なんてモヤモヤしながら、グリーンカレーを作って、おたまをぐるぐるしながらため息をついた。世の中にはいろいろあるよ。なんだってね、時代が変わる時は新種を受け入れなくちゃいけないよ。グリーンカレーも。タイ米も。それが良い悪いじゃなくって、米の収穫が悪いからかもしれない。フィリピンパブが流行った流れかもしれない。その一見屈折みたいなのにはね、よくよく見てごらん。意味があるかもしれないよ。

夏野菜カレー

カレー 04.8,2018

大蒜・生姜のみじん切り
鳥もも肉
トマト
玉ねぎ
ズッキーニ
ナス
ミニトマト
[ 味付け ]
クミン
マスタードシード
大津屋のカレー粉
チリ
ガラムマサラ
カレールー2かけ
ウスターソース

eat LOVE day 7 /// シティーボーイがやってきた!

Journal 19.7,2018

人っていうのは、とっても不思議!たったのひとりや、ふたりが加わるだけで何かがすごく変わる。なんだか味つけみたいに。いつもは塩、胡椒、砂糖だったのが、ビネガーとオイスターが加わるだけで全然違う料理になる。昨日のeatLOVEは、いつもとは全然違う夜だった。街からシティーボーイが、可愛いいガールフレンドを連れてやってきたのだ!部屋に入るやいなや「今日、パジャマパーティだっけ??」って。たしかに、三人ともパジャマみたい!




今日は大家さんもいて、6人での食卓。なんの話をしたのか、たいがい忘れちゃったけど、シティーボーイがはあちゅうって人の話をして、みんなで「ふーん。」って。それにしたってみっちーのご飯がやっぱり本当に今宵も美味しくて、幸せだなぁ。ってつくづくした。とても色鮮やかな夜だったな。21時30分を過ぎた頃、むかしBFとよく車で走った甲州街道を、シティーへ向けてシティーボーイの車で帰った。

ますます、LOVEをeatしよう。

おはよう朝食。

Journal, 和食 18.7,2018

ご飯に、豆腐とワカメのお味噌汁、納豆、青菜のお揚げの煮浸し、タラコといぶりがっこに、残り物のおかず。西瓜。麦茶。米を炊いたり、味噌汁作ったり、台所でかちゃかちゃしだせば、もぞもぞと起きてくる旦那さんと梃子。「うまいー!」「おかわりー!」「すーちゃんタラコひとつ多く食べた!」旦那さんが発した言葉はみっつ。

おはよう朝食。今日も暑いです。

豆のキーマカリー、ちょっとチリ多めにして、卵黄を乗せてぐちゃぐちゃして

カレー, Journal 13.7,2018

豆のキーマカリー、ちょっとチリ多めにして、卵黄を乗せてぐちゃぐちゃして。世界がご機嫌みたい。先月は先々月もせん先々月も、カレーでも何でも泣きながら食べてたのだけど、今日、7月13日の金曜日は、卵黄をぐちゃぐちゃするスプーンが潔かった。

いまね、ゲイのカップルと一緒にeatLOVEっていう作品を作っていて、私はただの写真撮って生活してる主婦なんだけど、うちの旦那さんは音楽とかなんか色々やっててお家にはぜんぜん帰ってこないのだけど、そのゲイのカップルとは現代の新しい形!みたいにニュー家族みたいな感じで、彼らと私の接点は中村さんっていう駒沢のスノショのお兄さんで、彼の一声で私たちは出会って、そして、そして、私が2018年の180日くらい、カレー食べながら泣いてる時にニュー家族がいつも隣にいて、けどそんなの関係なくて、そんな風にしてこの作品を今、作ってる。あくまで愛のストーリー。今日それがわかった。

キーマカレーを綺麗にたいらげて、ニュー家族とハンズフリーで電話をする午後。
絵描きの野村浩平さん、彼のみっちー、写真家の私。血も繋がっていないし、同級生でもない、何でもないの。カレーを一緒にぐちゃぐちゃしていたいだけ。

eatLOVE、これはご飯の話じゃないよ。八王子にある駅から離れた一軒家で、9+1匹の猫との暮らしの中、世界にたったひとつの彼らの食卓に三人で座って食事をする。これをね、分厚いものにしたい。そういう活動、そういう作品を作ってる。

———————————–
絵描きで文章を綴るのむらさん
http://lee.salondepink.com/

のむらさんのカレの料理をつくるみっちー
http://micci.salondepink.com/
———————————–

つくねバーグ

Journal 12.7,2018

半端な長葱、ちょっとだけ残ってる紅生姜、豆腐の崩れたの、生姜のかけら、冷蔵庫の余ったものをお肉の中へミンチミンチミンチ!!サラダ用にと冷やしておいたレタスを細長くスライス。適当な方のまま、じゅーっと表面焼いて、肉汁と油へむかって醤油とみりんをGO!つくねだか、ハンバーグだかわかんないけど、好きにやったらいいんだよ!やったもん勝ち!!

テーブルの上をすいすいしよう。 /// ソウダルアさん食のインスタレーション

Journal, 料理家さんとの出来事 09.7,2018

なんだか死体みたいな料理がテーブルの上に散らかってる。もうごめんなさい、わたし、deadです。好きにして。みたいに。狼に仕留められた兎みたいに。生きた料理がそこにいる。ルアさんからのGOサインが出たら、お行儀悪いけれどまな板の上に裸で上がってソースの上をすいすいする。自由にすいすい。途中で誰かのすいすいとぶつかるけど、気にしないですいすい。気づけばみんなが仲良くなってる!!

ソウダルアさん食のインスタレーション七夕編。素敵な夜でした。

[MENU 覚えている限り。]
七夕の夜はテーブルの上で盛り付けをするとても美しいインスタレーションでした。

肉の塊
ゆずと胡瓜の浅漬けの緑のソース
黒いソース
肉のディップと色とりどりの野菜
桃と紫蘇のサングリア
お魚出汁のあさりのアヒージョ
出汁の素麺
ハーブと梅酒

ソウダルアさん
出張料理家。https://www.facebook.com/eat.ruasoda

二日酔いカリー

カレー, Journal 08.7,2018

なんだかよくわからないんです。
だけど、二日酔いでぼーっとしながらカレーを作ります。チキンをヨーグルトであえておいたり、スライスした玉ねぎは鍋に蓋をして蒸し焼きにしたり、手の赴くままにお任せします。心は後からついていってる。きっと毎日も赴くままにやったら、結構うまく行くのかも。美味しい!楽しい!が先行すれば、きっとうまく行くのかも。

麩の肉じゃが

Journal, 和食 05.7,2018

一昨日、近所のスタイリストりなちゃん家に夕飯を食べに行ったら、沖縄の麩をもらった。りなちゃんとはかれこれ、3年くらいのお友達。同い年だし、家が近いし、なんかよくわからないけど、お仕事で出会ってから直ぐに仲良しになった。おばちゃん二人の話はたいがい怪しい。瞑想とか、おっさんとか、麩とか、怪しい話ばかりで、きらきらしてない。ほんとうに肉じゃがみたいな話ばっかりだ。隣でりなちゃんの子のいっちゃんが「エーモー!!(セサミストリートのElmo)」と、amazonTVを見ながら発狂すれば、私たちもすかさず「エーモー!!」と共鳴。鍋の中を見ながら、茶色っぽい人生だよまったくって思った。醤油とテン菜糖を煮込んだ、甘くてしょっぱい人生。

eat LOVE day 6 /// ピクルス

野村浩平さんとミッチーとのプロジェクト 04.7,2018

マリンバ奏者の千田君がピクルスいっぱい作ったから人にあげますって言うので、送ってくれて。だけどね、みっちーはピクルス食べれないんだって。美味しいよ。ちょっと食べてみなよ〜。のむらさんがいつものふわふわ浮いた声で言う。みっちーはいやーって首を横に振ってるのに、大丈夫だから!食べて、食べて!私もしつこく強要すると、ちっちゃくパクリ。ね!千田くんの味がするでしょ!!と、のむらさん。みっちーは頭を傾げて笑ってた。

食後は、みっちーは猫と遊んで、のむらさんは星の復習と一緒に私の星を見たりとのんびり過ごした。ご飯を食べてハイ、ごはんおわり!じゃなくって食事の余韻っていうか、食前もそうだけど、時間の流れっていうのは、なだらかで美しいよね。梅雨が明けて夏がきたよ。eat LOVE day 6

———————————–
eatLOVEは、のむらさん、みっちー、私、3人の愛を食べようプロジェクトです。
のむらさんは文章を綴り、みっちーはご飯を作り、私は写真を撮ります。

絵描きで文章を綴るのむらさん
http://lee.salondepink.com/

のむらさんのカレの料理をつくるみっちー
http://micci.salondepink.com/
———————————–

今だけで十分。

Journal 25.6,2018

今だけで十分。
昨日にL.Aから帰国した姉の姪と甥が私のうちに泊りに来て、わたしの旦那さんと一緒に四人でご飯を食べたり、歌を歌ったり、いつもの道を歩いたり、たわいもない毎日みたいのを、昨日までの私は嘘だよーって感じでやったら、すごく時間が綺麗で楽しくて笑いが止まらなくなって、過去がバイビーした。そう良くても悪くても過去はいらない、バイビー。今、目の前で歌うふたりを見ている時間だけでいいんだった。

オンデンミートソース

Journal, 洋食 21.6,2018

むかーしむかし、いや、つい4年前の話。これは秘密の話。
中目黒に、とあるバーがあって、そこが大赤字で最悪で、写真を1年間おやすみしてお店を立て直した。なんでそんな事になっちゃたのか、ちょっとほっておけなくて「私が立て直すから。その代わり口だししないで!」そんな一言で1年間、来る日も来る日も料理を作って作って作りまくって、すごく楽しかった。当時はいっぱい泣いたけど、せっかく師匠に弟子入りさせてもらったのに何やってんだかって情けなかったけど、だけど、きっとよかった。そこで沢山のオリジナルのレシピが生まれて、それは今でも目をつぶたって作れて、それから、ミートがいい感じになる瞬間を知れた。なんせミートとはだいぶ仲良しな間柄だから。

eat LOVE day 5 /// すきがふえていくよ。

野村浩平さんとミッチーとのプロジェクト 13.6,2018







ありがとう。すきがふえていくよ。

本当の家族はいろいろあるけれど、ここにくるとすきがふえていく。猫もそうだし、チーズトーストもすきになった。食後のスイーツも、久しぶりのアニスも、ふたりの事はもっともっとすきになった。今日はのむらさんのちっちゃな誕生日会。大家さんも一緒にご飯を食べてみんなが家族みたいでとってもとっても嬉しかった。大家さんが買ってきたケーキがすごく立派だからお皿から倒れちゃうもんで、倒れる度にみんなできゃっきゃして、みっちーがたくさん笑ってて、なんだ笑うんじゃん!ってね。

ここにいて、私はすきがふえていくよ。eat LOVE day 5

———————————–
絵描きで文章を綴るのむらさん
http://lee.salondepink.com/

のむらさんのカレの料理をつくるみっちー
http://micci.salondepink.com/
———————————–