靴屋の森田さん

Journal 03.9,2017

 

兵庫へ向かう在来線で、海が綺麗な街があった。「あ!ここ知ってる!」そう思って電車を飛び降りたら、気持ちが高まるのに比例して、だんだんと加速する足。旦那さんの紹介で3、4年前にここで森田さんの靴のカタログの写真を撮った。須磨の海がよく見える高台を案内してもらったり、三宮へ連れて行ってもらって南京街や元町を回った。くだらないことも、靴と森田さんのことも沢山話をした。思い出がコマ送りみたいに頭の中で流れた。勢いよく木の大きな扉を開けると、森田さんがいた。あの夜中の猫みたいにぎらぎらした目をした森田さんじゃなくって、まんまるの、本当まんまるの優しい目をした森田さんがそこにいた。