玉葱

カレー, Journal 07.10,2017

時々、料理を作る気が起こらない。冷蔵庫の引き出しを開けてもノーアイデア。とりあえずと思って、野菜やら肉やらを出して切って、鍋へ放り込んでも、心が海の底みたいに静かな日がある。どうしてかな。

「撮れない日があってもいい、そういう日もある。」ずっと前に、師匠の笹原さんがそう言っていたのを今でも手帳に記してある。いい言葉だなって感動した。

朝起きて、玉葱を薄くスライスしてストウブ鍋でごく弱火でゆっくりと炒める。少しずつねっとりとしていく玉葱がとても綺麗。無理に何かやろうってしなくてもいい日だって、たまにはある。