台風のど真ん中、大阪の野音で

Journal 30.10,2017


台風のど真ん中、大阪の野音で、ラスト大柴君の唄が神様みたいだった。
神様に出会った事がないけれど神様みたいって思った。
大人になって旦那さんに音楽のことを教えてもらって沢山の音楽家に出会った。
だから私は写真家と音楽家のことは少しだけ知ってる。2つはちょっと似てる気がする。
いま、あの光景を思い返したら胸が熱くなるみたいに、あの日あの場所で起きたことはたった1つ、まるで写真みたいだった。SSW2017年10月28日。