Journal 22.2,2018

写真の悪いところは、どこかの場所から抜けだせないこと。
そこにいることが、まるで光の中のような時間になってしまうこと。それを思い出というなら写真はときどき嘘つきだし、写真の真実を考えると怖くなったりします。