麩の肉じゃが

Journal, 和食 05.7,2018

一昨日、近所のスタイリストりなちゃん家に夕飯を食べに行ったら、沖縄の麩をもらった。りなちゃんとはかれこれ、3年くらいのお友達。同い年だし、家が近いし、なんかよくわからないけど、お仕事で出会ってから直ぐに仲良しになった。おばちゃん二人の話はたいがい怪しい。瞑想とか、おっさんとか、麩とか、怪しい話ばかりで、きらきらしてない。ほんとうに肉じゃがみたいな話ばっかりだ。隣でりなちゃんの子のいっちゃんが「エーモー!!(セサミストリートのElmo)」と、amazonTVを見ながら発狂すれば、私たちもすかさず「エーモー!!」と共鳴。鍋の中を見ながら、茶色っぽい人生だよまったくって思った。醤油とテン菜糖を煮込んだ、甘くてしょっぱい人生。