eat LOVE day 11 /// NO TITLE

野村浩平さんとミッチーとのプロジェクト 16.11,2018







「愛を食べていれば大丈夫。ぼくはそう信じている。」ページをめくったら、涙がぽろぽろと落ちた。先週の土曜日から、中目黒のBRICK&MORTARのZINE SONIC 2018に参加する。3人で作ったeatLOVEのジンを少部数ながら販売する事となった。

ミッチーが料理を作って、私が写真を撮って、のむらさんが言葉を書く。私達は淡々とそんな事を半年続けてきた。その間、皆それぞれに色々な事があった。仕事のことだったり、作品のことだったり、家族のことだったり、友達のことだったり、それぞれの毎日に数え切れないような色々があった。良い事も悪い事も。大人になると人には言っちゃいけない我慢しなくちゃいけない辛い事がたくさんある。本当なら泣きじゃくって、誰かの胸で泣いたり、甘えたり、よしよしってされたい。「もう大丈夫だよ。」って温かい場所で抱きしめられたい。

そんな時に、ふっとあの食卓のことを思い出す。

ぐつぐつと煮える鍋から香るココナッツの匂い、スプーンでカレーをすくう誰か、綺麗に盛られた皿の中できらきらと光る人参や禰宜、明日になったら忘れちゃうようなたわいも無い会話。

生きるのは、とてもよくわからない。ぜんぜんウェルカムじゃないのに、明日はどんどんやってくる。慌てて食べ物を口に入れて、入れて、そうやって今日も生きてゆくために食べまくる。丁寧に作った肉じゃがでも、ロブションのディナーコースでも、セブンで買ったおにぎりでもマックでも、とにかくとにかく生きていく為に食べなくちゃいけない。

席につき、料理を皿に分け合ってテーブルを囲んだ。 “明日をまた生きよう。”そう約束してるみたいって思った。生きる為に分け合ったものは、愛だって思った。

eat LOVE

Thank you,

———————————–
eatLOVE

https://aiwotaberueatlove.wixsite.com/eatlove [Recipe]

/ 野村浩平 料理 / 伊藤通洋 写真 / きくちよしみ
———————————–