梃子とマフィン

Journal 06.1,2020

先日、梃子が窒息死しそうになった。
いつものように小型犬用のガムをあげて遊ばせていたら、急におえっ、おえっって呻きだして、振り返った時には泡を大量に吹いてなんだかいつもと様子が違う。直ぐに駆け寄って触るとぐにゃぐにゃって体から力がぬけて顔がついたフォックスの首巻みたいになった。顔をみると舌は真っ青、目は焦点が合ってない!!慌てて逆さにしたり、背中を叩いたりして、そうこうしてるうちに、息を吹き返した。喉にガムが挟まっていたみたいだった。恐ろしくなってネットでガムのことについて調べるとペット用のガムの誤飲での事故がとても多いらしく、ものの数分であっという間に亡くなっちゃうんだそうだ。家中にあるガム、ストックしてたガムも全部一気にくそやろー!って言ってゴミ箱に投げ捨てた。
ある動物病院の記事によると、犬の歯っていうのは、硬い物を噛むためじゃなくって、柔らかい肉を引きちぎるためのものだって書いてあった。無知でぽいぽいあげてた私は馬鹿みたいだ。とっても申し訳ない気持ちになって、甜菜糖(大根から作った砂糖)少なめのマフィンを焼いてあげた。「これは、マフィンだよ。」いつも何かあげる時は覚えてもらうために名前を繰り返して言うようにしているのだけどマフィンはあっと言う間に覚えた。ある日彗星のごとく現れたマフィンに梃子は心奪われてしまったようだった。それからというもの、マフィンを見つけたら最後「私のマフィンをくれ!」「イッツマイン!」「イッツミー!」マフィン狂となる。

液状のものをよく混ぜて→粉物をさっくり合わせて180度くらいのオーブンで30分ほど焼く。
バナナマフィン
薄力粉 120g
ベーキングパウダー 4g
卵 2個
甜菜糖 40g
サラダ油 40g [好きな物でよい、なたねとか、オリーブとか。]
バナナ 2-3本