かまどさんが割れた!

Journal 15.1,2020

かまどさんが割れた。ベランダの台に干そうとした時に手を滑らせて、真ん中からパカーンと綺麗に割れた。お見事!って感じだった。夜、仕事から帰った夫に土鍋が割れた事を伝えると「不吉な予感だ!!」と、怯えた。「もう10年以上使ってきて、沢山米も炊いたし、冬は鍋に使ったり、本当ご苦労さまだよ。落とした事じゃなくってもう寿命だったんだよ。不吉でも何でもない!!」散々お世話になったかまどさんに向かって無礼だと思ったら、かっとなってしまった。12年前かな、マクロビ信者で玄米派だった私は、かまどさんを買うか、カムカム鍋を買うか相当悩んだ。洋服よりも調理器具の方がずっと思い出があって長持ちだ。高い物のあれば、IKEAで数百円で買ったものまで色々だ。どれを選んだかできっと人生も少し変わっただろう。あと、何年料理ができるんだろう。そう考えたら欲しい道具は全部買おう。ふと、思った。だけど、置く場所だって考えなきゃだし、ちゃんと日々使いこなしたい。物欲だけで揃えたくない。そういうのはちょっと嫌いだ。だからタイミングを待つしかない。壊れたとか、引っ越して新しいキッチンになるとか。欲しいそれの事を考えるだけで楽しくなる。未来っていうのは、本当にただただ明るい。