かまどさんが割れた!

Journal 15.1,2020

かまどさんが割れた。ベランダの台に干そうとした時に手を滑らせて、真ん中からパカーンと綺麗に割れた。お見事って感じ。夜、仕事から帰った夫に土鍋が割れた事を伝えると「不吉な予感だ!!」と、怯えてた。「もう10年以上使ってきて、沢山米も炊いたし冬は鍋に使ったり、本当ご苦労さまだよ。もう寿命だったんだよ。不吉でも何でもない!!」散々お世話になったかまどさんに向かって無礼な事を言う夫にカッとなってしまった。12年前くらい、真面目なマクロビ二ストだった私は、玄米を炊く為に、かまどさんを買うか、カムカム鍋を買うかすごく悩んだ結果、かまどさんを購入した。本当に大変にお世話になった。

考えてみれば、私にとっての調理器具は洋服よりもずっと思い出がある。そして長い事一緒。高い物のあれば、IKEAで数百円で買った物も同じように一緒。あと、何年料理ができるんだろう。そう考えたら欲しい道具は全部買おうって思った。だけど、置く場所だって考えなきゃだし、ちゃんと日々使いこなしたい。物欲だけで揃えたくない。そういうのは好きじゃない。だからこんなタイミングが来る日を待とう。未だ手にしない私の料理道具を想像するだけで楽しくなる。未来っていうのは、明るくなるようにきっと出来てる。