かまどさん

Journal 15.1,2020

かまどさんが割れた。ベランダの台に干そうとした時に手を滑らせて、真ん中からパカーンと綺麗に割れた。お見事って感じ。夜、仕事から帰った夫に土鍋が割れた事を伝えると「不吉な予感だ!!」と一言。「もう10年以上使ってきて、沢山米も炊いたし冬は鍋に使ったりしたし、本当ご苦労さまだよ。もう寿命だったんだよ。不吉でも何でもない!!」散々お世話になったかまどさんに向かってなんて無礼な事を言うもんかとカッとなってしまった。20代はじめ、真面目なマクロビ二ストだった私は玄米を炊く為にかまどさんを買うか、カムカム鍋を買うかすごく悩んだ結果、かまどさんを購入した。本当にその節も今日までも大変にお世話になった。

考えてみると、調理器具には思い出が沢山詰まってる。そこそこ値段のした物もあれば、IKEAで数百円で買った物もある。あと何年料理ができるんだろう。そう考えたら欲しい道具はすべて買い占めてしまいたい。だけど、使う為の道具が欲しいと思うと、この小さなマンションには置く場所もないし、日々使わないものを物欲だけで買うのは気分があまりよくない。だからきっと今日みたいなタイミングが来たらサヨナラだけど吉日。未来の私の料理道具を想像すると少し楽しくなった。未来っていうのは明るくなるようにきっと出来てる。