やっぱり餃子

エスニック 30.1,2020

日本にいようが、外国にいようが、餃子が食べたい。
パリに向かう列車の中から、住むまゆみちゃんに「餃子が食べたい。」とメッセージした。別にパリに来たからってフレンチや有名なレストランばっかりがパリの食事じゃない。それに、どこにいたって胃袋に素直でいたい。まゆみちゃんの好きなベルベルにある餃子屋に行こうってなったけれど、旧正月でやってないみたいだった。結局、パリで餃子を食べずに帰国した私の胸の内にはずっと餃子がいた。「餃子が食べたい。」成城石井に最近お気に入りの皮を買いに走った。

スタンダード餃子 2人分
材料1をボールに入れて混ぜ合わせる。皮に包む。
フライパン(ひっくり返して器に盛るのに、テフロンが良い)に油を大さじ2ひいて、円状に配置して中火で焼き目をつける。
材料3をいれて、蓋(アルミホイルでも)をして蒸し焼きにする。
水分がなくなりぱちぱちとした音がしたら、胡麻油をまわしかけて、皿に一気に盛る。
▽ 材料1 ▽
白菜 1/4ーみじん切りにし塩もみ、軽く水気を切る
豚ひき肉 150-200g
胡麻油 大さじ1
鶏ガラ 大さじ1
酒 大さじ1
生姜すりおろし 小さじ1
塩・胡椒
ニラ 1束ーみじん切り
青ネギ 1束ーみじん切り
▽ 材料2 ▽
皮 [八幡製麺所]
▽ 材料3 ▽
ぬるま湯 1カップ
小麦粉 大さじ1を溶いたもの