夫がいるけど、ひとり晩餐。

酒の肴 13.4,2020

朝から晩まで夫はベッドから離れない。
つい先週まで遊び歩いていたのに、急に自粛し始めた。話しかけてもたいがい無視する程に自粛中だ。ずっと寝てる。食事の時間だけ甘えて起きてくる。私って家政婦みたい、と思って少しずつイライラが積み重なっていく。最近、夫担当となった皿洗い(共働きだが家事は99%わたし担当)だけど、昨日からどんどんキッチンに積み重なっていく。なんだか厭だ。空気以上に重い。家で作業をしている私にあれは要らない。夕方の大雨の中、家を飛び出してオオゼキへ走った。ビールを空けてつまみを作る。今日はもう夫と夕飯を食べたくない。いや、今夜は夫がいるけど、ひとり晩酌しよう。楽しいなひとり晩酌。

夫がいるけど、ひとり晩餐。
残り物の、砂肝のコンフィ、ターサイの中華炒め。
ぶりの生胡椒漬け焼き
若芽のマヨ和え
ビール
ぶりの生胡椒漬け焼き
材料に30分ほど漬ける。油をひいたフライパンで両面を焼く。(生胡椒はあまり火にかけないように端の方へ)途中タレをスプーンでかけながら焼いていく。
▽ 材料 ▽
ぶりの切り身 2枚
酒 大さじ1
生胡椒の醤油漬け 大さじ4
黒砂糖 大さじ1ーカケラを包丁で削る
若芽のマヨ和え
材料を混ぜる。
▽ 材料 ▽
若芽
梅干し 1個ー包丁でみじん切り
マヨネーズ 大さじ1
白ごま 大さじ1