私のバターの食べ方

パン 20.4,2020

20代前半の頃、パリへ墓地を撮りに通っていた事がある。
友達は毎晩のようにwombやアゲハに、オルガン、イエローへ。どこかのクラブで踊ってた。私も誰かのビッグスクーターの後ろにまたがり、夜中の246を走るのがとても好きだったけど、お金を貯めてはカメラを持って墓地へ通った。あの熱狂的な墓地への愛の理由は未だによくわからないけれど、恋みたいにハマった。そして、行ったついで、チーズを制覇しようと知らないチーズを食べてはチーズ本(チーズ辞典)に色ペンでチェックした。その頃に知ったのがエシレバター。バターっていうのはパンに塗るものだと思ってた。違かった。バターは調味料じゃなくって素材の一つ。正確に言うならば、パンとバターを食べる。バタートーストじゃなくって、バターとトーストだ。だから、うすーく伸ばすんじゃなくって、厚切りに切ってバターを乗せる。他にも、チョコレートをパンで挟むだけのパンォショコラも同じだ。パンォショコラもパリに通ってた頃にパリに住んでた友人に教えてもらった。「チョコレートが美味しいからだよ。」って。たまにはちょっと美味しいバターを買って、厚切りのバターとトーストを食べよう。