僕は今日、おとなの味を知ってしまった。

和食 27.4,2020

父のように麦酒を豪快に喉を流す時、母のように真っ黒な珈琲をゆっくりと口に含む時、私もふりかけのCMの子供みたいに溜息をついてしまう。「ああ、おとなの味を知ってしまった」と。

渡辺有子さんのレシピで、菜花の酢飯っていうのを今日作った。ごろごろっと切った菜花の苦味と、甘酸っぱいご飯。もう酔っ払ったみたいに朦朧としちゃうくらいに美味しかった。シラスのオイル漬けと醤油を垂らしたら、美味しさはどんどん加速しておかわり2杯目で鍋の蓋を閉じた。正直、これ以上、大人にはなりたくない。だけど、大人って最高。やめられない。

菜の花の酢飯 ” 渡辺有子さんのレシピをアレンジ “
鍋に菜の花と塩をひとつまみ、水をカップ1/4〜1/5ほど入れて蓋をして蒸す。
(蒸し器がある場合は蒸し器で)

炊いた米に調味料を混ぜて、水気を切った菜の花を入れて混ぜる。
シラスのオイル煮は、シラスを多めのオリーブオイルで煮たもの。
▽ 材料 ▽
米 2合
菜の花 1束ーざく切り
塩ひとつまみ
▽ 調味料 ▽
お酢 大さじ4
砂糖 大さじ1