焼き餃子

中華 11.5,2020

ダメだ、全然やる気が出ない。
急に立て続けに仕事の延期が何本も入って、また写真が撮れないのか!と何だか上から大きな石が降ってきた私は煎餅みたいに潰され風が吹いたらどこかえ飛んで行っちゃうくらいにぺらぺらしてる。珍しく料理が作りたくない。「あと1時間後に帰るね。」夫からウキウキ声で電話が入る。今日はなんか元気ないとか、作りたくないとか、そういう事を言うのも面倒だ。レンジに豚ひき肉を入れて解凍モードにして、風呂に入る。あー作りたくない。消えたい。大好きな風呂もなんだかざぶんと出て、だらだらと作り始める。小松菜の微塵切りに塩を振って軽く水分を出す。ボールにひき肉、顆粒チキンスープの素、胡椒でよく混ぜる。小松菜とチキンを煮出していたスープ、片栗粉を合わせる。あー餃子を巻くのが面倒くさい。ウーさんの本を開くと、なんと口をぱっと閉じるだけの巻き方が載ってる。これにしよう。餃子一個が3秒くらいで閉じれる。フライパンに載せて、ピーマンを炒め、作り置きしておいたおかずやら、糠漬けやらを皿に適当に盛る。焼けた餃子をお皿に盛って料理が並ぶ。夫帰宅。食欲もあまりない。しぶしぶ餃子を食べる。「ん!」予想以上の美味しさに、餃子をじっと見つめながら静かに黙々とむしゃむしゃと食べた。ちょっといつもよりゆっくり感じて食べた。いつも通り何も気づかない夫に「麦酒が浴びたい。」と伝えた。

焼き餃子
ボールに小松菜、片栗粉以外の材料を混ぜ合わせる。チキンを煮出したスープは状態を見ながら。(べちゃべちゃになりすぎないように)
小松菜と片栗粉をさっくりと混ぜ合わせる。皮に巻いて焼く。

▽ 材料 ▽
餃子の皮 1袋
豚ひき肉 150gほど
小松菜 1束ー微塵切り塩もみして水分を軽くだしてから使う
顆粒チキンスープの素 小さじ1
胡椒 少々
チキンを煮出したスープ 大さじ2ほど [スープストックでも]
片栗粉 大さじ1