きのこの水餃子と酢ご飯

中華 23.5,2020

夫が癇癪を起こした。数日前に車で送って欲しいとお願いしてた。現場まで車で20分。理由も話の内容もよくわからないけど、ただ怒りたい、ぶつけたい。そういうやつ。また始まったあれに、動揺して泣いた。涙を拭って、現場に行った。初めてのクライアントで、ずっとやりたかった仕事だったから、ずっと変な感じで緊張してた。

撮影が終わって、メールする。こんな酷い事止めて欲しいと怒った。
感情を抑えられなかったり、どうにかなってしまうのは仕方ない事だと思う。だけど、誰かを傷つける事は止めて欲しい。懇々と私は夫に伝えた。

夫は夜になっても帰らない。ベッドに入って3秒で落ちる私の身体は、帰ってくる筈の夫がいないと寝てくれない。夜中に少し酔っ払って帰宅した夫が小さな声で「ただいま」って言う。「おかえり」。その瞬間に眠気に襲われて私の身体は寝に入った。心と身体は裏腹だ。怒ってるのと不安は表裏一体で私の身体一枚で支えてる。私の身体お疲れ様。優しいものを食べよう。

きのこの水餃子
卵をフライパンで炒めて炒り卵にする。細かく切ったきのこをフライパンで炒める。
卵ときのこと調味料を混ぜ合わせて皮に巻いて、沸騰した湯でボイルする。ぷっくりしてきたらあげる。
▽ 材料 ▽
しめじ 2/1パックー細かく切る
まいたけ 1パックー細かく切る
卵 2個
▽ 調味料 ▽
ごま油 大さじ1
黒酢 大さじ1
醤油 大さじ1