トマトチキンカレー

カレー 27.5,2020

久しぶりに美容院へ行った。和美ちゃんに教えてもらって1年くらい前から通ってる美容院で、最近店を改装した。旦那さんも美容師。ペットのワンちゃんも一緒にサロンに出勤してる。毛に覆われたもふもふのワンちゃん。

今日は髪を染めてから10cmくらい切った。夫婦二人が私の髪を触ってる。二人で時々小さな声で言葉を交わしてる。「この薬は強めだから、ここだけにして。」「うん。わかった。」なんだかすごくほっとした。夫婦っていうのは、男と女というのは優しい距離の中にいてもいいんだ。傷つけあったり、強がったりしなくても、こんなに穏やかでいられるんだ。そうだ。世界って優しい場所だった。すっかり忘れてた。

幸せになるのは、私が想像しているよりもずっと簡単なのかもしれない。久しぶりに心がじんわりと温まった。雨が上がった代官山は少し生ぬるい空気が漂ってる。水たまりに光る夕陽がキラキラして見える。もしかしたら私達の生活もまた前みたいに戻るんじゃないか。どうかお願い。叶わない夢を願うみたいな気持ちだった。正直、最近は毎日が嘘つきだ。本当じゃない。

今朝、珍しく夕飯の献立を聞いてきた夫。今日は帰ってくるのだそう。久しぶりの夕飯。久しぶりの夫。話したいことは沢山あるけど、とにかくなんだか嬉しかった。ずっと朝から嬉しかった。だけど、夜の20時。食卓に並んだ食事をよそに時間だけが勝手に過ぎていく。電話を鳴らしてみる。「今日は遅いって言った。りょうさんと飲んでるから。」イライラしているのが電話からも伝わってきた。おかしい。この怒り方、おかしい。お酒を飲んでる事を私に堂々と公言してる。夫は禁酒している事になっているのに。時間だとか色々がぐちゃぐちゃになっていくのは2年前と一緒だ。だけどわからない。どれが本当でどれが間違ってるのかわからない。もしかして、もう始まってるの?

私の身体がどんどんと硬直していくのがわかる。恐怖に飲み込まれそう。携帯を取ってあかりちゃんにメールした。「ごめん。電話していい?」何かを察したのか直ぐに電話をくれた。「すーちゃん、どうした?」あかりちゃんの声。一気に全身の緊張が解けていく。喉が悲しみでジリジリと焼けてるみたい。口から言葉が出ない。言わなきゃ。ダメだ。言わなきゃ。唾を沢山飲み込んで、全身の力を振り絞って言った。「菊地君がお酒始まっちゃったの!」

家の前にタクシーが止まる音。バタンとドアが閉まり玄関が思いっきりに開いた。「ごめん。帰ってきた。」電話を切った。鬼の様な形相の夫。リビングの床に横になりずっと怒ってる。「りょうさんと仕事で久しぶりに会ったから、高田馬場で19時から二杯飲んだだけ。」夫は怒り続けてる。何を言ってるのかよくわからない。時間は22時45分。夕方の電話では19時より早く帰るかもと言っていた。

夜中にベッドでフジモンにメールをした。フジモンはカウンセリングを勉強してるから、きっと何かを教えてくれる筈。「よしみちゃん、とにかく落ちついて。今日はゆっくりと休もう。」フジモンは何度も私に落ち着く様に言ったけれど、私の話なんてどうでもいいから夫をどうしたらいいのか教えて欲しいと思った。とにかく怖くて堪らないし、過去が現実と一緒になってぐるぐると回ってる。フジモンが言ってた双極性障害っていう病気。初めて聞いた。夫はアル中じゃないの?

トマトチキンカレー
ふたのある鍋に油をひいて、たまねぎを中火で炒める。弱火にして砂糖を入れて蓋をして放置。途中かき混ぜる。飴色になるまで。
フライパンに油をひいて、クミンをいれて香りがでたら肉を炒める。
飴色になった玉ねぎの入った鍋にトマト、ニンニク、生姜を入れて炒める。ペースト状になるまで。
スパイスを全部いれて混ぜ合わせる。肉を入れてさっと炒めて、水3カップほど、固形スープの素、カレールウをいれて20分程煮込む。
味を調整して出来上がり。
▽ 材料 ▽
鶏の手羽元 5本
玉ねぎ 1個ースライス
トマト 2個ーざく切り
ニンニク・生姜 1片ーすりおろし
▽ 調味料 ▽
砂糖 大さじ1/2
クミン 大さじ1
カレー粉 大さじ1
チリパウダー 小さじ1
コリアンダーパウダー 小さじ1
固形スープの素 1個
カレールウ 1個