じゃがバター塩辛

和食 01.6,2020

こないだ作ったイカご飯の肝と残った身の部分で塩辛を少しだけ作っておいた。夫は今日から遠くへ行くのだそう。きっと平和な夜が来るはず。6月1日。勝手に新しい気分でいっぱいにしてる。せっかくだから新しいことを沢山やってみよう。やって見たことが無いこと。今日はスタイリストのリナちゃんと作品撮りの話をした。とにかく毎日を変えたい。手を伸ばしても叩けない自分の背中をどうにかこうにかして押そうと、棘に刺さったままその痛みの反動でもいいから前へ前へと進もうとしてる。今は止まれない。少しでも立ち止まったら悲しくなる。だから背筋をピンと伸ばしてる。新しいことや新しい世界は私をきっと救ってくれる。写真の仕事を始めたのもそう。夫が酒に溺れるのと一緒に家庭に堕ちてゆく私を私が救う為に写真の仕事を始めた。また同じようにやればきっといい。きっと夫も変わってくれるはず。

“お願いだから、絶対にお酒を飲まないで。” 夫にメールした。もし、このまま毎日飲酒を続けたら、必ずまた戻ると思った。だけど、またシガキ君との出張。また彼と。中目黒の酒場に一人で飲みに来る年下の男。昼に会うと静かなのに、お酒を飲むとニヤニヤと笑って話しかけてくる。内装やインテリアの会社をしているらしく、夫に日雇いの仕事を定期的にくれる。安定した定職の無い夫に仕事をくれるのはとても感謝してるけど、本当は素直に喜べない。中目黒にある数軒の飲み屋でシガキとペンで書いてあるボトルを見たことがある。「スーちゃん、シガキのボトルは自由に飲めるから。」2年前の酒乱が始まる少し前のこと。なんだか夫はシガキ君に飼いならされた犬みたいに見えた。お酒だけじゃなくて、食事は全部ご馳走して貰っているようだったし、作業用の靴を買って貰ったとか、シガキといるとお金を使わないんだと嬉しそうに話してた。シガキは夫にとって何でも欲しいものをくれるみたいだった。それからお酒の大変な時期が数ヶ月続いて、夫がお酒をやめると誓ったのと同時にシガキ君とは疎遠になった。だけど、また。

考えても仕方が無い。またなんて。思ってない。思いたくない。今日から6月1日。新しい月。弱音なんて吐いてる場合じゃない。

じゃがバター塩辛
フライパンに一口大に切ったじゃがいもを入れ、ひたひたの水で火にかける。
じゃがいもに串をさして固めに通るくらいで火を止めて、水を切る。
フライパンにオリーブオイル、じゃがいも、バターを入れて火にかける。焼き付けるような感じで時々上下をひっくり返す。焼き色がついて好みの硬さになったら出来上がり。バターと塩辛をじゃがいもにかける。
▽ 材料 ▽
じゃがいも
バター 大さじ1〜2ほど
オリーブオイル 大さじ3ほど
塩辛