モツちゃんぽん

和食 18.9,2020

久しぶりのラーメン!ラーメンをよく食べてたな、だけど、私はそれをいつ食べてたんだろう。急に変な事を考え出した。

夫は月の1/3位いない事が普通だった。昼間は地方のリサイクルショップを巡って自分のコレクション探しとご当地グルメを食べる、夜はライブして、お金が無いから、タダか安く泊まれる場所で雑魚寝してお酒を飲んでって。それがツアーっていう仕事なんだって。赤にならなければいい。俺はいい方だっていつも言ってた。何が良くて何が悪いのよくわからなかった。ツアーに行くと夫からの連絡は一切なし、お土産は年に2、3回くらいかな。東京に帰ったら、そのまま友人と出かけてしまう。そうだった。私は独りぼっちの夜にラーメンを食べていた。健康診断でラーメン食べてる数が多いから減らしましょうって言われてやめた。そっか。そうだった。独りの夜はラーメンだった。

昨日の早朝に友人からメールが入る。
4時とか5時は現実を受け止められないなぁって、思考がループしてる時間。半分起きてて半分どっかにいる。だけど、こんな時間はもう一生来ないんじゃないかって。辛いけれど大事にしようと思ってる。私には羽が無くなっちゃったんだけど、鳥だから飛びたいんだよね、みたいな。方法は知ってるのに持ってないんだよ。諦めるとか諦めないじゃなくって。まるで時間に張り付いてしまったような時間。今日が来てくれなかったらきっとそこから抜け出せない。明かりと共に起き上がる。さぁ、朝だって。

テコを連れて散歩に出る。友人からのメールを開く。直ぐにわかった。この子、私を一生懸命に救おうとしてる。メールの最後についていたモラハラリストっていうのを一つずつ、きちんと読んだ。綺麗にクリア。何回もリストを読んだけれど何回もクリアする。昼がきて何回読んでもクリアした。私たち夫婦の事を知ってて、今しかないって思って送ってくれたんだろう。あの子は本当に真面目な子だから、口先や感情で言葉を発さない。私に伝えるまでに沢山のあの子の時間を費やしてくれたんだろう。私は今悲しく無いし、怒ってない。モラハラについては未だうまく飲み込めないし、本当にそうなのかわからない。だけど、私は堕ちたんだ。夫には夫の考えがあってそうなったんだと思う。夫が私の背中を押したとしても、そこに立っていたのは私。私が私である以上、その現実は私のもの。

今日は1週間ぶりの撮影。楽しかった。やっぱり写真が好きだし、写真を撮ってる時間が好き。もっともっといい写真が見たいし、これからも、ずーーーーっと写真をやりたい。夫がよく言ってた。おまえは才能が無い。才能が無いからコロナになって仕事が無いって。俺は関係ないけどっていうの、哀しかったな。すーっごく。だけど、私を救ってくれたのは写真。あと、写真を撮る元気をくれたのは友人やねーちゃん。きくちさん撮って、って言ってくれる人。

ねーちゃんから3日前に入ったメールの事をずっと考えてた。いつもは「おはよう」「頑張らない。」「今日のご機嫌いかが〜」なんてのがやってくる。だけど、3日前にきたメールに「今は本来の自分を取り戻す時間」とあった。本来の私って??1日、2日、3日と考えた。本来って何??夫の為に、家族の為にって、8年間走り続けてきたように思う。夫は大変な人だったから、人の倍苦労するのを覚悟して結婚した。お酒の事で別れたいって話をした時に、もう二度と酒で傷つけないと夫は私を引き止め誓った。結婚が始まったのはそこから。だけど、酒はまた始まり帰らなくなった。死ぬまで一緒にいると約束した人が、ある日突然に生きてるのにいなくなる。生活が狂って世界が真っ逆さま。ずっとわからなかった。私の意味なんて、もう無いよ。

だけど、今日写真を撮ってて、楽しくて、なんだかちょっとわかった。ねーちゃんが言ってる事ってこの事かもしれない。今日は私らしかった。