東京

Journal 18.10,2020

用事があって新宿を歩く。何だかすごい人。
伊勢丹に行って直ぐに帰る。もう嫌。

帰って久しぶりにチューハイを呑む。東京目黒ハイサワーっていうチューハイ。成城石井にしか売ってない。お気に入りのチューハイ。

直ぐに酔っ払う。テレビをつけるとサザエさん。
いつになったら私はもう少し楽になれるのかな。結婚っていうのは、人生にとって大きい事だと思う。昨年に夫と生命保険をかけあった。夫は不摂生ばかりしてるから、きっと私より夫が先に死んじゃうのかなって、だけどそれがいいって思った。私は強いから大丈夫。正月には夫の実家の近くでアンティークのチェストを買って、東京に帰ってきたら吉祥寺で北欧アンティークのテーブルを買った。10年後、20年後、この家具がどうなるのか、すごく楽しみだなって。昨年の新婚旅行でデンマークに行ってから、北欧家具が好きになったから。家族の様に家具を大切にする。そういう文化が素敵だって思って、長く使える家具を選んだ。ずっと一緒にいようって。ずっと一緒にいたかった。出来る事なら。

心療内科の先生からお酒は飲まないようにって言われてた。その言葉がよくわかる。お酒を飲むと何かが、ぐっと溜まる。ずっとそこに停滞してしまう。

早く寝よう。お願いだから、今日を終わりにしよう。明日が来れば、明日っていう日はいつだって新しくなる。

そう、夕方に歌ってた女の子がいたな。
新宿駅の南口で30代くらい子。周りには、中年のおじさんが数十人と囲んでる。女の子は誰かの歌をカラオケしてた。売れなくてお金を貰ってるのかな、夫を見てるようで、気になって耳を傾ける。言葉をなぞったような唄、浮いてるように聞こえる。声が下手くそだっていい唄は歌えるよ。見てみなよ、目の前におじさんしかいないよ。本当に歌いたいんだったら、あなたが本当に歌いたい場所で歌いなよ。下らないものを全部すてて、本気で歌いなよ。未だ怖いなら、怖いって唄を歌いなよ。

嫌いだ。こういう東京の顔は嫌いだ。夫の汚い部分を見てるようで苛々する。