チキンカレー

Journal 27.12,2020

久しぶりのチキンカレー。我ながら絶賛。私のチキンカレーは美味しい。この美味しさを誰かにあげたいって思う。今日は林檎を一個すりおろして入れた。いい感じの甘さ、最高。

全部捨てた筈だったのに、彼の写真が久しぶりに出てきた。見ちゃいけない。見たくない、怖い。とっさに目を伏せる。いや、見よう。もし、怖いと思うなら見た方がいい。今から逃げてても逃げ続けるだけ。ちゃんと見よう。彼のどこが好きで、どこが嫌いだったのか。

一つ一つを思い出す。
アトピーだから、首元はよくただれていたな。髪はいつもボサボサで、フケもすごいから、肌にいいシャンプーを探してあげてたな。顔がそこそこハンサムだけど、服を脱ぐとこなきじじいみたいな体型で、夜出会って可愛かった女の子が、翌朝に別人になってベッドにいたみたいな、それくらい別人。なんか本当だらしなさが体に出てる人だったな。服はいつもボロボロ、いつも服を買ってってせがまれてた。なんでだろう。なんで私が服を買わなきゃいけないんだろう。お酒を呑むと変なテンションになって、お酒が入らないと借りてきた猫みたいで、子供みたいで、だけど、子供みたいっていい表現に聞こえるけど、それっていいのかな。

写真を覗けば覗くほどに、わかってくる気がした。
人生をいつしか諦めてしまったのは私なんじゃないか。

妻になったから、この人の悪い所全てを受け入れる。
私が求める事、やりたい事、望む事が叶わないのなら、世界からそれを捨てた。

彼が子供を要らないと言うなら、それでいい。みたいに。
実際に私達は子供が欲しかったかどうかはわからないけれど、それくらい自分を放棄した生き方になってた。私は一体何を望んで彼の妻として私の人生を生きてたんだろう。

彼の病気も、私の諦めも、同じように進んでいったんだ。
一緒にいれるだけでいい。本当にそうだったんだろうか。自分の人生の舵を誰かに委ねるような生き方は、そもそも間違ってる。夫婦でも、相手に委ねるものじゃない。できる方がやればいい、それも間違ってた。世界は出来る出来ないで作られてない。出来る人も出来ない人も同じように今を生きてるのだから。

結婚っていう幸せを手にしたから、私は人生を諦めちゃったんだろうか。

ああ、今日も最高なカレーだったな。
もう嫌だって、毎日、何度もどこかで人生をやめたくなる。
そうじゃない時間の方がずっとずっと多くなったけれど、そう思った時に全てもういいやってなって、ぶっきらぼうに適当な食事を食べると今日っていう日が何だかつまらなくなる。だから、やっぱり諦めない方がいい。

料理も人生も、今っていう時間を諦めない方がいい。