塩鱈のポトフ

和食 30.1,2021

『わたしを選んでくれる人』

これがタイトルなんだそう。「よしみさん、日記が面白いから日記も書いて。」編集の山若くんからのメールに書いてあった。変なタイトルに思わず一人で声を出して笑った。山若くんが編集長を務めてる雑誌の企画で始めたマッチングアプリ。これは誰かを騙すわけじゃなくて、自分の持つ世界を失くして生きてみるっていう企画らしい、多分。言いたい事はわかるんだけど、何回聞いても趣旨が入って来ない。「とりあえずKWに会って。」仕事柄、知らない人に会うのは慣れてる。知らない人とお喋りするのも問題無い。KWさんはいい人そうだし、ラクダに乗ってる写真をプロフィールに選ぶセンスがいいなって思った。それに蓮沼くんの音楽が好きなんだそう。あと、離婚も経験してるそうで、私の興味はそこ。さよならを選んだ男の気持ちが知りたい。だけど、今回の企画の趣旨とズレちゃうから、私はそういう事をきっと詮索しちゃいけない。詮索したら私探しみたいになってしまうから。

昨晩にパリのまゆみちゃんとメッセンジャーでお喋りした。結婚って何?みたいな話をした。一度くらい子供を産んでみたいし、いいパートナーとフェアな結婚生活を送ってみたい。だから、自立しよっていう所で話は片付いたけど、そもそもフェアな夫婦関係ってなんだろう。よくわからない。

辺りを見渡して、自分のそれに当てはめるのはやめよう。人は人だから、何か思っても、何か気づいても、わかろうとしない事。私は感じるのもやめようと決めた。誰だってみんな自分が選んだフィールドで精一杯頑張ってるのだから。ただ明日を見よう。もし結婚について話をするなら、横に並んで未来の話が出来たらいい。

私が大変だった時期に一番側で支えてくれた友人は、私が離婚届を出す前夜に電話があったきり話をしてない。毎日の様に連絡をくれてたけど、朝から晩まで側にいてくれたけど、もう何ヶ月も連絡は無い。友人は私の夫の事を可哀想っていつも言った。病気ですごく辛いんだよ、だから、あなたは耐えて。って。友人の夫も病を持っていた。

最近、一つだけ希望を見つけた。私は離婚を選ばなくても良かったのかもしれないって事。希望は私を少し明るくしてくれた。もっともっと早くに逃げたら良かったんだ。私が逃げれば、私達はフェアになれたかもしれない。耐えちゃいけなかったんだと思う。私が逃げたら、辛いから逃げたら、気づいてくれたのかもしれない。彼は病気だったから。だからこそ、私は耐えちゃいけなかった。妻である前に一人の人として、夫との関係を築くために夫婦になりたかった。

私を助けようとしてくれた友人にはとても感謝してる。そして、耐える事は私にとっての希望じゃなかった。

わたしを選んでくれる人は、どういうつもりで私を選ぶんだろう。嘘は書かないようにしてるけど、プロフィールには、仕事の項目は空白にして、私が好きな事や趣味は少ししか載せないようにしてる。変わりに好きになってみたい趣味や知って見たい事を載せておいた。何と無しのいい感じの文章にして、それだけ。だから、たったの数枚の写真と、少しの情報を妄想して私に興味を抱いてくれてる。まるでおみくじ。全くもってヒントが無いし、そもそも半分虚像みたいな誰か。何人の人がやってるんだかわからないけど、例えば私とマッチング出来る人が500人くらいなら、1/500の確率。そこに希望があるか無いかは1/2の確立。有るか、無いか、だから。そう思うと、普通の出会いなのかもしれない。双極性障害は500人に1人と言われてる。だから、別れた夫と会うのとも同じ確立みたいなもんだ。

正直、恋愛ができる気がしない。結婚だって想像出来ない。星の王子様に会うみたいな感じ。一生来ないその日みたいな感じ。だって本の世界の人でしょ。星の王子様って。同じベッドで寝たり、触れたりする事が全く想像が出来ない。頭をトンカチで割って中身を全部だして、そこに甘い綿飴でも詰めたい。私の知ってる全てを捨てて、甘い夢しか見ない人になりたい。この企画、私は適任だと思う。流石、敏腕編集者山若くん。私は触れる事が出来ない甘い夢だけで十分だから。

塩鱈のポトフ
美味しい鱈を塩漬けしたもの
昆布
キャベツ
人参
きのこ
玉ねぎ