豚キムチ

エスニック 19.2,2021

やっぱり嫌な夢でうなされて朝が来た。昨晩に聞いた話でまた過去にトリップする。映画みたい、同じシーンが巻き戻されて何回も何回も流れてる。

誰かに聞いて欲しかったけど、友人にメールしようって思って携帯を開いたけど止めた。不幸を撒き散らしても誰も、私だって幸せにならない。代わりに姉におはようと一緒に、ささっと昨晩に起きた事と、気にしないで今日も頑張るって伝えた。

今日は集英社のスタジオ。初めてだから楽しみ。私はライティングが組めないけど、スタジオにはスタジオさんがいるから大丈夫。立派に組んでくれたセッティングで気持ちよく撮れる。それに写真をしてる人とお喋り出来る事が嬉しい。

撮影の合間にスタジオさんに聞く。何のカメラ使ってるの?とか、何撮ってるの?とか、誰の写真が好き?とか。

それから、「多感な年齢の中にいて、こういうよくわからない時代に生きる事になって、今を過ごす事や、それで写真を撮るって、何を撮るの?」そんな感じの下手くそな質問を聞いたと思う。返答はすごく良かった。

色々と感じて、自分でもよくわからない。周りには想わない人も多いけど、自分は想う事が何だかある。今しか無い事は感じてます。色々と撮ってます。みたいな回答だった。スタジオさんだからきっと20代だと思う。話してる全てが溢れてて気持ちがいい。

撮影の帰り、携帯を見ると姉からのLINE。「大丈夫?」って。姉は私より感情的になる所がある。色々を知ってるから、姉もきっと過去にトリップしちゃったんだろう。少し怒って、そして悲しそうだった。追いかけてくるように未だに私に降りかかる何かがあっても、あっても、走って逃げればいい。離れればいい。厭だから避ければいいだけ。「大丈夫だよ。私は自分で今を選べるから。それから即興で何か曲を作って送って。」とメールを返信した。

————————————————————————–

『わたしを選んでくれる人』2月18日 ” 雑誌の企画で綴り始めた日記 “

和食の料理人のマサさんに「どこかの月曜日に、イタリアンを食べませんか。」と誘われた。朝に夕方に晩にメーッセージをくれるけど、一体いつ仕事はしてるのだろうかとやや心配になる。返信はあまりしない。会社員のKさんはなんの仕事をしてるんだろう。まだメッセージ数回だけど、話が合う。好きなものや見て来たものが近いのかも。年齢は2,3才下だった気がする。過去に同じ趣味を持つ恋人を持った事がない。いつも180度世界の違う人。宗教家、僧侶、病気、ミュージュシャンwith依存症。ミュージュシャンまでは、わりと良い人達だった。宗教家については最高な人格者でディズニー映画のシンデレラみたいに、森に入った途端に動物が寄ってくるみたいに心優しい人だった。きっと幸せに暮らしてるんだろう。自分がどんな人を好きになるのか全く検討もつかない。ただ、世界が違う人を好きになりたいのかも。そう思うと、AIでマッチングされた人とはいい友人になれそう。
豚キムチ
豚肉
にんにく すりおろし
豆もやし
よく発酵が進んだ酸っぱいキムチ
ごま油
魚醤
みりん