青菜と柚子胡椒の焼きそば

Journal 09.3,2021

姉の鬱が酷い。
本人は気づいてない。自分はプチ鬱だと言ってたけど、完全に鬱状態だと思う。病院で鬱を診断されて、鬱の本を読んだり色々を知る事になって、鬱の人と接しても「鬱なんだ、可哀想だね。大変だね。」っていう風にはならなくなった。今まで持ってた印象とは全然変わった。寧ろ、身の回りに鬱症状だと思う人が沢山いる事に気づいた。だけど、私も含めてだけど鬱は風邪の様にいつしか自然に治る。人それぞれの症状だけど、定期的に鬱っぽくなる子を思い出してみると、例えるなら左利きみたいに、ただの身体の癖の様にも思う。それが何かの歪みで深い所まで行く事もきっとある。もしくは、私や姉の様に強烈なストレスが短期間でかかった時に起こる鬱。どちらにせよ、風邪と同じ。身体からのSOSみたいに、熱を出して身体を冷やそうとするみたいに、思考過ぎる身体を全力で止めてあげる。止まってしまうのは生きる為だと思う。毎日のその先、道端にそっと置いてあるみたいなのが鬱なんじゃないかな。誰でも人である限り、思考して感じる限りなる気がする。よく真面目で几帳面な人がなりやすいと言われる理由もわかる。思考する自分から寄り道出来ない人。回転をバラしてあげればきっと抜けられる。

だけど、姉はよく生きてると思う程に苦労をしてるし、頑張ったと思う。強いし、決して逃げたりしなかった。こんなに苦労しても腐らない人はまずいないと思う。ちっちゃいって言ったら失礼だけど、些細な悩みで腐ってる人なんて山ほどいるのに。だけど、別に人生、腐ったっていいとも思う。自由だから。選べるから。その代わり、私に愚痴らないでねって。愚痴は悪臭だから厭。いい香りのする人といたいから。

美味しい物を食べよう。美味しい物を食べてたら、美味しい香りがしてくる。育ちや教養、持ってる物が全てじゃない。だけど、自分を腐らせるような人は不味くなるに決まってる。

病気は恥ずかしい事では無いし、生きてるから病気になる。自然な事。それよりも、腐らない事の方がずっと大事に思うな。

————————————————————————–

『わたしを選んでくれる人』3月8日 ” 雑誌の企画で綴り始めた日記 “

土曜日に会う予定のKさんからメッセージがきた。時々しかメッセージのやりとりをしないKさん。やっぱり好印象だ。絵の展示に行って、とても面白い内容だったのでリンクを貼ってくれて是非という事だった。私は今夜は早々にベッドに入って読書をしています。みたいな返答をしたと思う。丁度、ミツミちゃんとアプリの事でLINEしてた。やっぱり写真は真だなって話とか、メッセージのやりとりがおかしな奴は会ってみたら、必ずヤバイとか。マッチング初心者としては、中々、学びとなる話を色々とご教授頂いた。それから、「そもそも、見ず知らずの人に何をメッセージしていいのかわからないんだけど?」って尋ねてみると、「会うまでの信頼感」と返答がきた。なるほど。確かに、人として関係性を上手に運べるかっていう事だ。納得した。それにしたって、写真やメッセージだけでその人のなりがそこそこ想像出来てしまうっていうのはスゴイ。身体っていう形や言葉っていうコミュニケーションツールがどれだけその人を表現してるのかがよくわかる。後は空気。空気をどう扱うか。気が合う人っていうのは一緒に同じ空気を感じれる。恋をしてきた人はいつもそうだったと思う。多分。だけど、だからって、それが何ってわけじゃない。恋は終わるものだから。空気が一緒でも違くても終わっちゃうからね。