カレーとぬか漬け

『わたしを選んでくれる人』 " 雑誌の企画で綴り始めた日記 ", カレー 30.3,2021

PMSが終わった筈なのに、寂しさが全身にまだ少し残ってる。先月は抜けたらスッキリしてたのにな。どうしてだろう。目が覚めて、ベッドで梃子をさする。気持ち良さそうにもっとやってと手を動かしてる。写真の仕事、何歳までやれるかな。50、60歳になったら今の様には働けない。ぼんやりと考える。携帯を開くと、メッセンジャーにパリのまゆみちゃんからメール。ドイツ人の記事の話が面白いから読んでって。どうして日本人女性は夫のお金に頼ろうとするのか?っていう話だった。白湯を入れて、ダイニングテーブルに座って、これからの事を考える。これからをどう生きていくか、新しい事を考える事はすごく楽しい。一年前くらい、80歳になっても写真の仕事をしたいと友人に言ってた。馬鹿だな。あの頃の私は、本当に無知で幼稚で無謀。だから、こんな事になっちゃったんだよ。なーんも考えなかったな。愛さえあれば乗り越えられるって信じてた。愛は大事だけど、愛だけでは食べれないし、愛があっても現実を変える事は出来ない。世界は私のものじゃないのに。

午前は写真を納品したり、ちょっと片付けをした。何だか色々が回ってる。占いは、オーラも守護霊も、出来れば信じたいけど、本当に大変な時に鼻をかむティッシュより役に立たなかったから信じない。だけど、目に見えない何かは感じる。世界を回してるのを全身で感じる時がある。リズムみたいにトントンと何かが運ぶように回っていく。今日はそういう日だった。そして、寂しさが横にじっと座ってた。もしかしてずっと居るつもりなのかな。

昼食は冷凍してたチキンカレーにチーズを乗せてレンジで温めて、炊きたてのご飯にかけた。ぬか漬けの古漬を薄くスライスして茶碗の端にのせる。カレーとぬか漬けって、想像以上に美味しい。

夜はみつみちゃんと近所でもんじゃを食べた。美味しいって楽しい。

————————————————————————–

『わたしを選んでくれる人』3月30日 ” 雑誌の企画で綴り始めた日記 “

夜にタカシさんからLINE。「恋愛も婚活もする気になれないような事があって、もうアプリもやめます。週末も会わない方がいいと思います。ごめんなさい。」なんていい人なんだろう。私は友達になりたかったんだけどな、だからやっぱり友達になりたかった。私が思ってる以上に世界は怖い場所じゃないのかもしれない。また騙されたらどうしよう。友達じゃなくって、男性と深い関係になるのが怖い。全力で支えても、一瞬で気分が変わった様にいなくなった夫。どれだけ彼の為に時間を使ったんだろう。やらなくていい事ばっかりだったように思う。私が尽くした全ては彼の世界に飲み込まれて、彼の周りや彼のファンへと貢献されたのだろう。本当のところ、当時はそれでもよかったし、それが本望とさえ信じようとしたけど、今となっては全くもって笑えない。一体全体あの時間やあの努めやあの想いは、純粋に支えてきた8年間や、私の存在って一体なんだったんだろう。

ジェーンスーさんのラジオで尊重の話をしてた。優しさと尊重の違い。夫は優しかった。優しい言葉を使うのが上手だった。よくわからない女と仲良くするのを何度も見た。優しい言葉でもかけられたんだろう。とにかく私を隠してた夫。手伝ってた店も、自分がやってると自慢するのをよく見た。実際には彼はバイトみたいに立ってるだけで、私が経営者の様に働いた。

私は全く尊重されてなかったんだよなって今更気付いても遅いのだけど「僕は君が好きだから、そばにいて。」と、何百回と泣きつかれ、ふるい払え無かった自分を呪うしかない。タカシさんとはやっぱり友達になりたかった。そんな真面目にならないでいいのにって思ったけど、尊重ってそういう事なんだろう。交換したLINEを削除した。
カレーとぬか漬け
チキンカレー
ピザ用チーズ
ごはん
糠漬の古漬けを薄く切ったもの