朝食

朝食 04.4,2021

二日酔いで遅めの朝食。
厚焼き玉子を作ろうとフライパンに卵液を入れたけど失敗して炒り卵に、昨日の残りの味噌汁、アボガドと醤油麹とオリーブオイルをあえたもの、納豆、ぬか漬け。お茶。ぬか漬けが酸っぱくて沁みます。

————————————————————————–

『わたしを選んでくれる人』4月4日 ” 雑誌の企画で綴り始めた日記 “

目黒のユタカさんっていうデザイナーをしてる方と五反田で会った。行きつけらしい赤提灯に連れて行ってくれた。自転車、デザイナー、丸い眼鏡、黒いTシャツにキャップ。勝手に彼のキーワードを読み取り、友達の彼氏や旦那さんのような柔らかくて今っぽいシティボーイを想像してた。私が好きになるタイプでは無いけど、きっと安全だろうと確信。登場したのは、革靴に革ジャン、TOKIOが履いてそうな擦れたデニムにパールのウォレットチェーン。何故かガックリとなる。私は一体、何やってんだろう。マッチングに期待するなってあれだけ山若君に言われてたのに、小さなオアシスで小鳥が水浴びさえ出来たらいいなんて淡い期待を抱いてた。

ユタカさんは席につき、グラスに注がれた麦酒をぐっと飲むやいなや、急にニット帽を玉手箱を開くみたいにパカーンってお披露目した。「僕、こんなんなんです!」ツルツルの真っ青の真っ白で、そこにはやっぱりシティボーイじゃなくて、小学校の時にTVで見たクリリンがいた。完全にタイミングを間違えたよね?私が口をあんぐりしてる間に彼はじゃんじゃん酒を呑み始めてる。開放感って感じ。スッキリしたのかな。私の無言の問に返信する気配すら無く一人勝手に陽気になっていった。

そうこうして1軒目を2時間程で出て、五反田いち人気だと言うの赤提灯へと向かった。レモンサワーセットを頼み、さぁと呑み始めたた矢先。「よしみさんは、結婚したいですか?」思わず吹きそうになる。だけど、結婚については言いたいことがあるからハッキリと伝える。「結婚が全てだとは思わないです。」って。返答は勿論無し。聞こえて無かったのかな。陽気に酒をじゃんじゃん呑んで、呑んでる。「よしみさんといると、僕はとても落ち着くなぁ。」まるで湯船に浸かってるみたいに気持ち良さそうなユタカさん。しきりに店員さんに「Yes!」と英語で返答してる。Yes以外は勿論日本語。Why?? 「もう帰りましょう!!」急にお会計をお願いして早々に帰宅。きっともう呑めなかったんだろう。翌朝、悪い酒が身体中を犯している最中、携帯を開くと、夜中の3時にユタカさんからメッセージが入ってた。「僕のLINEのIDです。検索して!」数日放置していたら、アプリから退会した様子だった。どんな関係でも、友情でも、仕事仲間でも、恋人でも、何でも、まずは対話、だよねって改めて思った今日。