晩酌

夕飯 30.9,2021

朝、目が覚めて “緑を吸い込みたい”って思った。昨晩飲みすぎた所為で2時間寝坊。時計は6時を過ぎてる。あーあやっちゃった。けど、気分がいい。10時半の打ち合わせの前に色々と終わらせたい事がある。送っておきたいものもある。うーん。どうしよう。

ささっと支度をしてテコを連れて駒沢公園へ向かった。何とかなる。私は放置すると調子がいい。仕事でもそうだ。決められた何かよりも、自由演技の方がずっと得意。緑を吸い込んだ私は三倍速で仕事を終えるはず。私が私を信じれば何だって出来るよね。そんな言い訳をしながら、公園へ向かった。

公園に隣接したカフェのテラス席でモーニングを頼んだ。テコは膝の上に座ってる。携帯で少しだけ仕事を始めた。気持ちがいいな。曇ってるけれど、悪くない。「わん!」テコが急に大きな唸り声をあげて膝の上から飛び上がった。私の右手に合った携帯が宙を飛び、テコが威嚇したミルクティー色のカールヘアーがとってもお似合いな巨大なプードルは何食わぬ顔で颯爽と横切ると、携帯が地面にパーンって音と共に着地。慌てて携帯を拾うも、画面は真っ暗。電源を入れてもうんともすんとも。ああ、これは壊れたね。

夕方頃に近所のワタルさんが家に来た。コンポストを作りたいから手伝って欲しいとお願いしてたので、電動ドリルと貸してたポートフォリオを持ってきた。夏の間、ずっといつやろうか迷ってたコンポスト。秋がきて、ようやく今だ!と思えた。だって、いきなり悪臭とかしたら、きっと直ぐにやめちゃうから。ポツポツと降ってきた雨の中、ベランダのひさしの下であーでもない、こーでもないって言いながら自家製コンポスト作りを完成させた。DIY初心者とDIY初心者の産物。中々の出来栄え。

終わってから、昨日の残りのワインを飲んで、冷蔵庫に残ってるオカズをつまみに、色々とお喋り。仕事の愚痴から、猫の話、共通の友達の話から、この街の話になって、どれだけこの街が素敵かについて語り合った。それに、通ってる花屋が一緒で、ワタルさんは花屋のお爺ちゃんの真似をずっとしてた。家族経営の昔ながらの花屋さん。この街に遊びにくる友人は、もう一つのお洒落な花屋を勧めてくるけど、一度も行ったことがない。いつか行ってみたいなって思ってるって言うと、ワタルさんも「そうそう。」って言ってた。

いきなり師匠について写真家になってしまった私に同業の友人はまずいない。だから、ワタルさんは貴重な写真家仲間でもある。そして、うちのリビングにはワタルさんが新婚旅行で行ったネパールの写真が飾ってある。私もネパール地方の高山地帯へ行った事があるからちょっとわかる。あの場所に行かないと見えない景色の事。乾いた土や薄い空気の所為でどんどん不自由になっていく身体。非日常の現実の中にポンって落とされたままに、目の前にただ広がる景色と圧倒される恐怖、そして爽快感。もし、私がネパール地方への旅をした事が無かったら、多分、この写真を綺麗だって言ったと思う。だけど、綺麗だけでは形容が出来ないと知ったから、この写真がより一層好きになった。

あと、今日は氷見の宿の夫婦とフミエさんと打ち合わせをした。画面に映る全員が大好きって思いながら喋るのは、とっても気分が良かった。打ち合わせが終わって、フミエさんと色々な細かいやりとりをしてると、「ワクワクしてやばいです!」とメールが入る。私もまさにそんな気持ちだったから「私もです!」と返した。