トマトスパゲッティー

パスタ 08.2,2023

今日は朝から撮影の準備。あっという間に夜が来てザーザーぶりの中、ずぶ濡れの周ちゃんが帰ってきた。今月はずっとなんだか忙しない。

夕方に週末に約束していたいまむちゃんとゆうちゃんとスパゲッティーを食べに行く予定を延期してもらった。土曜日にのんびりとスパゲッティーをすすってる場合じゃなかった。残念だけど、来月が楽しみだな。スパゲッティーもだけど、スパゲッティーのことを嬉しそうに話すいまむちゃんを見るのが楽しい。人が何かに喜んでる姿っていうのは、こっちまで嬉しくなるというか、その弾む気持ちが感染するというか、そんな時間が美味しく感じてしまう。

最近、色々と考えてて少し疲れてる。多分きっと来週から始まる撮影だとか、大学の準備で気持ちが一杯なんだろう。だけど、新しいことがどんどんやってくると同時に失っていく色々も感じる中で、例えば、年始に感じていた東京の友達との交流が減っていく寂しさよりも、今は新しい人に出会っていく面白さみたいなものに本能的にワクワクしてるというか。違う世界が私に溶け込んでいくのが気持ちがいい。

周ちゃんとお風呂に入りながら不意に話したこと。
「人って面白いよね」って。

最近よく感じること。この人といると何だかとても楽しいとか、現場が明るくなるとか、たったひとりの人の影響は意外に大きい。逆に言えば、威圧的で怖いとか、冷たい言葉が場の空気を悪くするとか。本人が考えてる程に悪気はなかったとしても、悪い環境を作ってしまう人もいる。家族でも友達でも仕事でも誰と自分がいるかで自分は変わっていく。環境を作っているのは人で、その環境の中で生きるのも人だ。たったのひとりの影響力は別の誰かの今日を簡単に変えていったりもする。

nature or nurture 遺伝か環境かという古代ギリシャからの問いが現代までも続いてる。少し前に勉強したこと。面白いことにDNAが環境に左右されるという研究結果もでてる。誰とどんな風に過ごし何を感じるのか。悪く言うならば、潜在能力を引き出してくれるのもそれを潰すのも他人だったりもする。人の所為にするのは良く無いとも思うけれど、人は、やっぱり一人じゃ生きてない生き物で、人は、人とともに生きる。だから、要するに未来を明るくするには仲良くなった方が早いってこと。だけど世の中そんなに上手くはいかないもの。大人になればなるほどに複雑で巧妙に蓄えられたバランス感覚は曲がった骨盤のように誰にも気づかれることなく一方だけを目指し偏っていく。

「人とは人と人の…」私が人の影響力について言いたいことだけ喋りさくっと風呂を上がると、湯船に浸かりながら周ちゃんも熱弁を続けていた。そうだよね。人は人と。明るい場所を作りたいね。美味しくて平和でとにかく温かい感じの。

夕飯は急いで作ったポトフとトマトスパゲッティー。