カテゴリー: 和食

今日は肉じゃがを作った。

Journal, 和食 12.12,2018

旦那さんの事は、全くよくわからない。
それが男女の違いなのか、性格の不一致なのか、関東と関西での生まれの違いなのか、その理由は全く検討すらつかない。付き合う友達も、遊び方も、仕事の仕方も全然違うし、彼の唄が好きだったわけでもない。4年付き合って、結婚した理由は、ただ好きだから。それだけ。後は何も考えてなかった。

結婚して2年が経ち、最近私がちょっと大人になったことから、私たちの溝は違う形で深まった。だけど、そもそも、溝はあった。だって全くよくわからなかったから。溝はブラックホールではなかったけれど、深い溝があることは知ってた。だけど、きっとそれが好きだった。私の分身と一緒にいるよりも、知らない世界が見たい。人間らしい感情だと思ってた。ブラックホールがどんどんブラックになっていったこの1年は、暗黒世界そのもの。悪い奴らが沢山登場してきて、彼はどんどんダークサイドへ、夜の街へ消えていった。

よくわからない根拠だけれど、信じれば叶うって思ってる。それは母が教えてくれた。小学校1年生のときに、父が買ってきたお土産のお地蔵さんにお願いをすると願いが叶うよって母が言った。

それから、私は毎日お地蔵さんにお願いをした。「早く走れますように。」と。そして、その次の日から走り込む日々が続いた。雨の日も風の日も、ランボーのように。そうしているうちに、ぐんぐん足は早くなって、マラソン大会では上位になって、いつしか運動神経が良い女子になっていた。

願いは叶う。そう信じている。
旦那さんの事は全くよくわからないけれど、きっと毎日ご飯を作り続けていれば、そのうちダークサイドから我が家へ帰ってくると思う。今日は肉じゃがを作った。

お腹空いたよ丼ぶり

Journal, 和食 27.9,2018

「お腹空いたよ。」

急にやってくる旦那さんの「お腹すいたよ。」はまるで九官鳥。鳴り止まない。これから友達と渋谷で火鍋だし、シャワーだって浴びたい。鳴り止まない。冷凍ご飯をチンしてる間に、作り置きの煮卵を切る。シャワーを浴びる。鳴り止まない。葱をみじん切りにして、味付けしておいた肉を弱火でフライパンに放置。その間にメイク。着替え。九官鳥は台所と居間を行ったり来たり。焼けた肉をご飯に乗っける。卵の上に葱をぱらっと、最後にラー油を回しかけて私は渋谷へ彼はライブへ。

おはよう朝食。

Journal, 和食 18.7,2018

ご飯に、豆腐とワカメのお味噌汁、納豆、青菜のお揚げの煮浸し、タラコといぶりがっこに、残り物のおかず。西瓜。麦茶。米を炊いたり、味噌汁作ったり、台所でかちゃかちゃしだせば、もぞもぞと起きてくる旦那さんと梃子。「うまいー!」「おかわりー!」「すーちゃんタラコひとつ多く食べた!」旦那さんが発した言葉はみっつ。

おはよう朝食。今日も暑いです。

麩の肉じゃが

Journal, 和食 05.7,2018

一昨日、近所のスタイリストりなちゃん家に夕飯を食べに行ったら、沖縄の麩をもらった。りなちゃんとはかれこれ、3年くらいのお友達。同い年だし、家が近いし、なんかよくわからないけど、お仕事で出会ってから直ぐに仲良しになった。おばちゃん二人の話はたいがい怪しい。瞑想とか、おっさんとか、麩とか、怪しい話ばかりで、きらきらしてない。ほんとうに肉じゃがみたいな話ばっかりだ。隣でりなちゃんの子のいっちゃんが「エーモー!!(セサミストリートのElmo)」と、amazonTVを見ながら発狂すれば、私たちもすかさず「エーモー!!」と共鳴。鍋の中を見ながら、茶色っぽい人生だよまったくって思った。醤油とテン菜糖を煮込んだ、甘くてしょっぱい人生。

イカ人参

和食 16.5,2018

5年前くらいかな、まだ付き合ってちょっとした頃のこと。蛇崩の近くに住んでた彼が近所に赤提灯のご馳走生活っていう店があって日本で一番美味しい串カツ屋さんだと連れてってくれた。20代の頃にメジャデビューをして東京にきた彼は今もそのまま音楽を続けている。関西出身だけど全国のいろんな場所で美味しいものを沢山食べてきたんだって。だからか、よく日本で一番って言葉を使う。日本で一番美味しい串カツ屋さんのイカ人参も彼の好物だった。うちの母が作ってくれるイカ人参も同じ味だよ、なんてことは言わないよ。ごくごくとビールを飲んだ。

ああー幸せ。

Journal, 和食 14.4,2018

最近、うちの旦那さんは忙しい。
はっきり言って何をやってるのかよくわからない。ライブな日もあれば、コーヒー売ってたり、人のキッチンカーを作っていたと思えば打ち合わせ(はたしてなんの?)をしていたかと思えばお酒を呑んでいたりと、たいがい行方不明だ。

昨日は夜までライブをしてまた行方不明となった。私も今週はL.Aから帰ったばかりだし色々と詰まっていたしで早々に寝てしまった。夜中の2時半くらい、ドアをバタンとして帰ってきて布団へ直行。

6:00am
むくっと起き上がって半分目がつむったままお腹が空いたと言う。ご飯かパン?と聞くと、ご飯と言う。米を炊いて、お味噌汁を作り、ハムエッグに、大根のごま油と酢に漬けたおしんこに、日本茶を入れて、ヨーグルトと果物を準備した。ふらふらと起き上がって寒いよぅと言いながらお味噌汁を美味しい美味しいとすすっている。目は未だ半分つむったまま完食、そしておふとんへダイブ。

「ああー幸せ。」そう叫んで、また寝た。

たたきごぼう

Journal, 和食 06.3,2018

たたきごぼう
ごぼう、お湯でボイルして叩いて、食べやすい大きさに切る
[味付け]
醤油:酢:茶色の砂糖 1:1:1
すりごま白

冷蔵庫にあった色々野菜と赤だしお味噌汁。

Journal, 和食 24.11,2017

トマト
水から入れてとろとろさせた納豆
オクラ

赤だし
鰹出汁

大学で日本語を勉強してて、すごく面白いなって思った事を今でも大事にしています。「超」や「マジ」とかって大人は汚い日本語だとか、日本語じゃないっていうけど、これは今の日本語です、例えるなら平安時代でいう古語で、今使っている生きている言葉こそ、私たちの言葉です。と金田一先生に教わりました。その時に、今って事をすごく考えました。それから、写真を撮ったり、料理をする時に、指針がきちんと今であるのかって考えます。

青じその醤油漬け

Journal, 和食 25.9,2017

青じそ 50枚
醤油:みりん 1:1
ごま油

ご飯にのけって食べたら、ほんとうに止まりません。お酒のおつまみにだって止まりません。あー騙されたー!!ってくらい止まりません。どろりとした醤油がキラキラするの同じくらいに目がキラキラします。

しそほ

Journal, 和食 16.9,2017

紫蘇穂
粗塩 しそほの1/4くらい
茹でるようの粗塩 一掴み

しそほの身を取って、一掴みの粗塩でさっと湯がいて塩漬けにし、炊きたてのご飯にのっけてかっこむだけ。季節のものを食べると、あー香りが良いなあ、みずみずしくて元気だなぁとか、口の中いっぱいにそれを教えてくれるから頭があがらんって毎度思う。もし生まれ変わったら、農家の娘か、農家のおとこに嫁ぎたいかな。

ねぎの蒸し煮

Journal, 和食 05.8,2017

長ネギ 2本
サラダ油 大さじ1
鶏ガラスープの素 小1/2
酒 1/4カップ
レシピ ウー・ウェンさんの ” ねぎが、おいしい。”よりアレンジ

おいなりさん

Journal, 和食 28.7,2017

[ お揚げ ]
油揚げ 5枚
だし汁 1カップ
砂糖 20g
みりん 大さじ1.5
醤油 40ml

[ 赤い酢飯 ]
白米
細かく刻んだ紅生姜
赤酢
甜菜糖

[ がり ]
新生姜
甜菜糖
米酢

デパートに行くと、おいなりさんの中にはレンコンとか、甘く煮た椎茸とかが入ってたりして外も中も甘いことがある。我が家は真っ赤な紅生姜を細かーく刻んでピンク色の酢飯にするから外は甘じょっぱくて中は酸っぱい。食欲がでないような夏の日でも、がりをお供にパクパク食べれるおいなりさんって夏の食べ物な気がしてる。

うに卵ご飯

Journal, 和食 26.7,2017

卵黄
鹿児島のお醤油 母ゆずり
レシピ 有元葉子さんの ” 有元葉子のご飯料理 ” より

うちでは、鹿児島のお醤油がスタメンです。
時々、辛いのや、大豆の香りが良いものとか、ナンプラーとか出汁の強いものを使うこともあるけれど煮物にお刺身に、パスタもトマトソースやカレーの隠し味も母ゆずりです。
だけど、卵一つだけのシンプルな料理にだって母ゆずりです。