カテゴリー: 和食

にゅうめん

エスニック, 和食 01.7,2020

今日は食欲が無い。昨日も食欲が無かった。一昨日も、その前も。その前は寿司を食べた!
どんどん意思とは逆行して痩せていく身体。困ったもんだ。全然食べたくない。だけど、食べる。「食べる事は生きる事だから。」野村さんっていう絵描きのお友達が教えてくれた。「食べるは愛よね」って。だから食べる!いっぱい食べて、ふくよかな愛の持ち主になる!

にゅうめん
スープの材料を火にかけて沸騰した止める。黒胡椒は最後にお好みの量を。やや多めが美味しい。
別鍋で素麺を茹でて他の材料と共にお皿に盛る。
▽ 材料 ▽
素麺
梅干し 1個
ミョウガ 1個ー厚めの千切り
生卵
▽ スープ ▽
水 1カップ
ナンプラー 大さじ1/2
鶏ガラスープの素 大さじ1/2
ごま油 大さじ1/2
黒胡椒

肉味噌

和食 25.6,2020

肉味噌
フライパンに油をひき、ニンニク、挽き肉を炒める。
野菜を入れて軽くしんなりしてきたら、調味料を入れなじませる。最後に卵を落とす。
▽ 材料 ▽
挽き肉
にんにく 1片ーみじん切り
小松菜 1束ー細かく切る
青葱 1束ー細かく切る
卵 1個
味噌
オイスターソース

とうもろこしご飯

和食 22.6,2020

とうもろこしご飯
米をセットして、とうもろこしを剥き、横半分に切り、縦方向に身を切り離す。
芯の部分と身をセットした米の上に乗せて炊く。炊きあがったらバターとパクチーを入れる。炊く時に塩をひとつまみ入れるか、炊きあがりにナンプラーで塩見をつける。

▽ 材料 ▽

とうもろこし
パクチー
バター
塩、ナンプラーなど

ごはんと味噌汁

和食 19.6,2020

数日、ちゃんと食べていなかったように思う。米を炊き、味噌汁を作って、ぬか床からぬか漬けを出す。明太子、納豆。梅干しをご飯にのせて、頂きます。

夏野菜の煮浸し

和食 11.6,2020

冷蔵庫にあると安心する。冷えた煮浸しをぼーっとタッパのまま食べる。美味しいなぁ。

夏野菜の煮浸し
フライパンに多めの油をひいて、中弱火で野菜を揚げ焼きする。
麺つゆを入れて軽く弱火で煮込む。
▽ 材料 ▽
夏野菜 大きめにカットする
麺つゆ

酢醤油煮玉子

和食 05.6,2020

夫が九州土産だと醤油を持って帰ってきた。夫はそういう時に嬉しそうな顔をする。だいたいわかる。今から嬉しい顔をするぞーっていう時が。醤油好きな私としては、醤油を貰うのはめちゃくちゃ嬉しいのだけど、その顔が何とも嬉しい。毎日色々な事が起こって、正直辛い。友達と会えるようになった数日、エンジョイしてたよ~と楽しそうな顔を沢山みる。皆いい顔をしてる。一人だけ浦島太郎みたいな気分だけど、こういうのは慣れてる。けど、人の楽しそうな顔は嬉しいしほっとする。友人らと渋谷で焼肉を食べて帰宅。夫は今日も闇酒場だろう。作った煮卵が冷蔵庫で冷えたままだ。楽しい事の後は悲しい事。そんな繰り返しはあと何回続くんだろう。不安な夜道を歩いて帰路に着く。こういう夜は長い。1時間置きに短い いい夢を見ては寝てを繰り返した。夫は未だ帰らない、きっと明日はいい日がくる。

酢醤油煮玉子
▽ 材料 ▽
九州の甘い醤油 大さじ3
米酢 大さじ2
ニラ みじん切り
半熟にボイルした煮玉子

じゃがバター塩辛

和食 01.6,2020

こないだ作ったイカご飯の肝と残った身の部分で塩辛を少しだけ作っておいた。
夫は今日から遠くへいくんだそう。平和な1日。平和な夜が来るはず。6月1日。なんだか清々しい。勝手に新しい気分でいっぱいだ。せっかくだから新しいことを沢山やってみよう。やって見たことが無いこと。今日はスタイリストのリナちゃんと作品撮りの話をした。もういい歳だし、新しいことを沢山やってみよう。10年前に写真の業界に入ってから、あっという間だった。まさか自分で仕事をする日がくるなんて思ってもなかった。ずっと永遠にアシスタントでいいとすら思ってた。だって人前で写真撮るの怖いでしょう。ひとりで写真は撮るもんだよ。師匠は度胸があって凄いなぁといつも隣で関心してた。いつしか一丁前に三脚立てて写真を人前で撮れるようになったのはいつだろう。結構簡単だった。知り合いの方の話で、独立して初めての撮影は手が震えたっていうのを聞いたことがある。私は嘘をつくのが上手だから、手が震えたことは無い。飄々と大丈夫よって顔して、心では早く終わってー!と思ってたかもしれない。全然覚えてない。初めての日のことなんて。だけど、何だか出来ないって思ってたことも結構簡単に出来ちゃう世の中だ。新しいことを始めよう!!意気揚々と。そうそう、夫は肩書きが100個くらいある。そういうインチキ臭いと思ってた事もそう悪かない。なんだかそう思える6月1日。初めてじゃがバターに塩辛をかけてみた。最高だね!!

じゃがバター塩辛
フライパンに一口大に切ったじゃがいもを入れ、ひたひたの水で火にかける。
じゃがいもに串をさして固めに通るくらいで火を止めて、水を切る。
フライパンにオリーブオイル、じゃがいも、バターを入れて火にかける。焼き付けるような感じで時々上下をひっくり返す。焼き色がついて好みの硬さになったら出来上がり。バターと塩辛をじゃがいもにかける。
▽ 材料 ▽
じゃがいも
バター 大さじ1〜2ほど
オリーブオイル 大さじ3ほど
塩辛

鰹のたたき

和食 31.5,2020

夫は行き先を教えてくれない。どんな仕事をし、誰と何を食べ、どれだけ稼いでいるのか私は知らない。今日の事を聞くと苛々が返ってくる。それでもめげずに聞くと消えてどこかにいなくなる。言いたくないんだろう。週末、たまには一緒に食事をしたいと伝えると、その日は時間があるから大丈夫だと言う。だけど、その日になると帰って来ない。話が違うよ?と言うと、「俺は忙しいんだよ!」と言う。毎回じゃないけど、殆どがそうだ。わかってる。そう、夫はきっと時間が数えられないだけなんだ。決して私に意地悪がしたいわけじゃない。きっとそうだ!わかってる。だけど、心が寂しくなるのは何でだろう。街を歩くカップルや家族だとかが楽しそうに笑っている姿を見ると、とても温かい気持ちになる。素敵だなぁ。いい光景だなぁ。夫の愛っぽい歌を聞くと茶番だなぁと思う。私の心はやっぱり冷めたままだ。少しでも沸騰させて欲しいのだけど沼の底みたい。今夜は早く帰ってくるのかな。河童になりそうだよ。

鰹のたたき
鰹を切って、皿に並べて、調味料をかけて冷蔵庫で冷やす。

食べる直前に薬味(紫蘇、ミョウガなど)をかける。
▽ 調味料 ▽
檸檬 1/4個を絞る
醤油 大さじ2
胡麻油 大さじ2
大蒜・生姜 すりおろし
きび砂糖 大さじ1

唐揚げ

和食 18.5,2020

最近やっぱりおかしい。私もだけど、彼も。「大変な時こそ家族で頑張ろうよ。」そんな言葉がきっと悪かった。私の本心が本当にそう思ってる訳が無い。ただ不安で選べる言葉がなかっただけだ。日に日に関係は悪くなる気がした。忙しくて堪らなかった毎日なら全部それを綺麗に流してくれたけど、こう社会が東京が仕事が毎日が止まるといつものようには行かない。そんな毎日が続いた。絶対に想像しちゃいけない。これは何百回と誓ったけれどダメだった。バカっぽい女と遊んでるのかなとか、仕事しないで中目黒でぷらぷらしてるのかなとか。事細かく想像した。彼は私の夫だけど私の一部じゃない事くらい頭ではわかってる。所謂世界の一部みたいなものなのだ。痺れをきらした私のどこかが唐揚げの準備を始めた。唐揚げはいつも失敗する私のワースト料理のトップ5に入る。そもそも唐揚げは好きじゃない。だけど、夫の好物の唐揚げを作ろう。

唐揚げ
鳥もも肉を調味料に入れて冷蔵庫に入れる。
片栗粉をまぶして形成(くるっと皮を丸め込む、唐揚げの形にする)して揚げる。
▽ 材料 ▽
鳥もも肉 2枚ーひと口大に切る、余分な油や筋などは切る
片栗粉 大さじ3
▽ 調味料 ▽
生姜 1片ーすりおろし
酒 大さじ2
醤油 大さじ2

豚こまともやし炒め

和食 08.5,2020

高山なおみさんのレシピは、本当に素晴らしい!!

豚こまともやし炒め “高山なおみさんのレシピをアレンジ”
肉に調味料を揉み込む。
フライパンに胡麻油を熱し、肉を炒める。
もやしを入れ、調味料を入れて手早く炒める。
皿に盛り、白ごま、海苔、黒胡椒をふりかける。
▽ 材料 ▽
豚こま 100g
もやし 1/2袋
▽ 調味料 ▽
胡麻油 大さじ1
酒 大さじ1
テン菜糖 大さじ1
醤油 大さじ2
一味 小さじ1
おろしにんにく 1片
▽ 最後に ▽
白ごま
海苔
黒胡椒

お好み焼き

和食 08.5,2020

久しぶりに朝から仕事で外出。
今夜はお好み焼きと麦酒だね。

お好み焼き
材料をボールにいれてよく混ぜて焼く。
焼き上がりに青のり、ソース、マヨネーズをかける。
▽ 材料 ▽
薄力粉 100g
だし 大さじ1
長芋 5cmーすりおろし
卵 1個
キャベツの千切り

たまごたまごご飯

和食 06.5,2020

タラコを買ったら、たまごたまごご飯。我が家の最高なルールです。
私はずるい女なので、米を鍋にセットしてからスーパーへ行く。
もし目星いものがなくっても、豆腐としらすを買って豆腐しらす丼にしよう。ナンプラーかけちゃおうかな。何か薬味も見てみようかな。スーパーは楽しい。残念な事は、今はいつもみたいに色々なスーパーをハシゴできない。だから楽しみは大分半減されている。「お!今日はタラコが美味しそうだし安い!」帰宅して直ぐに米に火をかける。野菜を洗ったり、茹でたり、買った材料の下ごしらえをしながら炊けるのを待つ。せっかちだから、炊きたての蒸らす前に食べちゃうのが好きだ。熱々のを火傷する!って思いながら頬張る。お茶碗にお米を盛って、生卵、タラコを乗せて出来上がり。これは我が家のルールだから。

どこかの街で、何か食べたい。

和食 05.5,2020

旅にでたい。ひとり旅行が好きだったけど、夫と出会ってからは夫との満足いかない旅もまぁまぁ気に入ってる。ただ、夫が入る店は間違わない。知らない街にまで来て、ぼろぼろのべたべたのカウンターでぬるいビールだけはやめてほしいと思って暖簾をくぐっても、季節のお通しなんかが出てきて、嬉しくってすぐに酔っ払って上機嫌となる始末。朝食も同じで、せっかちな私がそこらへんで済ませようとするが夫は許さない。「あーあかん!」とすぐになって、散々歩き回り連れていかれた店で思う事は、客がいい。新聞を開いたおじさんが朝陽の中でのんびりと啜る珈琲がこんなにも美味しそうに見えるだなんて知らなかった。勿論トーストもサンドイッチも最高。この食事探訪は私にとって忍耐を大分要するのだけど、結局のところ我慢した甲斐があったりで、発見がまた嬉しさを増幅させる。悔しいけどまた夫の株もあがる。

「あー私から外出と世界旅行を取ったら何が残るんだよ!」zoomの向こうでミオがぶるぶるしながら嘆いた。半年前、夫とLondonに行く前にミオとロンドンマップをチェックした。(彼女は数年前にLondonに住んでいた)ブリックレーンにあるパン屋のパンがむちゃくちゃ美味しいとか、パブはどこも楽しいからとりあえずパブね、とか色々教えてくれた。Londonに到着し、あちこちと歩き回る。夫は外人の多さにちょっと怖がってる?まさかと思ったけど、完全に怖がってる。例の嗅覚は心の奥底のボックスに鍵を締めて閉まってしまったようだ。うんともすんとも言わずに私についてくる。時々、お腹すいた。とか、喉乾いた。と、ぽそっと耳元で囁く。少し面倒になって「珈琲買ってきて!」意地悪を言う。不安な顔でカフェのカウンターへ歩いてゆく夫の背中が全力でヘルプミーと叫んでる。海を渡れば子猫のようになる関西人の夫。手渡された珈琲みたいな何かは、あまりに不味くて少し夫が可愛くみえた。また一緒に旅に出て、どこかの街で、何か食べたい。

今日の献立
素麺と麺つゆ
胡瓜の糠漬け
納豆
ししとうの揚げ煮
エビチリ
ピーマンの肉味噌炒め
暑い日にぴったりな、ししとうの揚げ煮
フライパンに多めの油をひき、ししとうを並べる。
弱火で放置。途中でひっくり返す。
調味料を入れて5分くらい中火にかけて火を止める。
冷蔵庫でよく冷やす。さっぱりしていてぺろっと食べれる。
▽ 材料 ▽
ししとう 1袋ー包丁で切り込みをいれる
▽ 調味料 ▽
酢 大さじ1ほど
麺つゆ 大さじ1ほど

僕は今日、おとなの味を知ってしまった。

和食 27.4,2020

父のように麦酒を豪快に喉を流す時、母のように真っ黒な珈琲をゆっくりと口に含む時、私もふりかけのCMの子供みたいに溜息をついてしまう。「ああ、おとなの味を知ってしまった」と。

渡辺有子さんのレシピで、菜花の酢飯っていうのを今日作った。ごろごろっと切った菜花の苦味と、甘酸っぱいご飯。もう酔っ払ったみたいに朦朧としちゃうくらいに美味しかった。シラスのオイル漬けと醤油を垂らしたら、美味しさはどんどん加速しておかわり2杯目で鍋の蓋を閉じた。正直、これ以上、大人にはなりたくない。だけど、大人って最高。やめられない。

菜の花の酢飯 ” 渡辺有子さんのレシピをアレンジ “
鍋に菜の花と塩をひとつまみ、水をカップ1/4〜1/5ほど入れて蓋をして蒸す。
(蒸し器がある場合は蒸し器で)

炊いた米に調味料を混ぜて、水気を切った菜の花を入れて混ぜる。
シラスのオイル煮は、シラスを多めのオリーブオイルで煮たもの。
▽ 材料 ▽
米 2合
菜の花 1束ーざく切り
塩ひとつまみ
▽ 調味料 ▽
お酢 大さじ4
砂糖 大さじ1

筍ご飯

和食 18.4,2020

筍ご飯
材料を鍋に入れて炊く。
▽ 材料 ▽
下ごしらえをすました筍
米 3号ー洗って30分浸水しておく
塩 小さじ1
昆布
油揚げ 1枚ー熱湯をかけて油抜きをし細かく切っておく

牛蒡醤油

和食 31.3,2020

先々週くらいから、すっごいブームがきてる。これで作り置きは3回目。蔦屋で、有元 葉子さんの新刊で見たレシピ。牛蒡とニラを醤油と胡麻油と何かで合えてた、何かが忘れたけど、絶対に美味しい!とピンときて、何かは忘れたままに作ってる。今日は唐辛子を入れた。ここ4日くらい冷蔵庫に無くて、ずっとずっともやもやしてたから、今、おめでとう〜!!って気分で食べてる。けど3分もしないうちになくなって、寂しくなっておかわり。午後は昼寝コースだな。

牛蒡醤油漬 [有元 葉子さんの新刊で見たレシピを大分アレンジ]
アク抜きした牛蒡を薄く切って、さっと火に通す
細かく刻んだニラ
胡麻油
醤油
唐辛子

お家ご飯は最高。

和食 28.3,2020

ちっちゃいおかずが本当に好きで、普通のおかずも本当に好き。
大したことないものと、フレッシュなものが大好き。それを自分なりの食べ方、例えば梅ぼしにマヨネーズをちょっとつけてご飯で食べるとか、そういうのも大好き。お家ご飯は最高だね。


お味噌汁

ご飯
水菜とマッシュルームのサラダ
ハムエッグ
ぬか漬けの浅漬けと古漬け
納豆
梅干し

昆布と米

和食 21.3,2020

香りがとっても最高で、炊きあがった時に、昆布のまわりについた米をなんて贅沢なんだろう〜と思いながらこっそり独り食べるのにはまっています。

神楽坂発酵美人堂の清水さんに教えて頂いたレシピ
米の炊く準備をする。最後に昆布をのせる。
▽ 材料 ▽
お味噌汁を作る時に出汁でつかった昆布

マグロ丼と豚汁と麦酒。

和食 17.3,2020

マグロ丼の酢飯
ボールに米以外の材料を入れて混ぜる。
米を入れて切るように混ぜる。
▽ 材料 ▽
炊きたての米 2合
赤酢 大さじ2
テン菜糖 大さじ2
塩 小さじ1
▽ たれ ▽
わさび
九州の甘い醤油

「僕、最近鬱なんです。」

和食 21.2,2020

「僕、最近鬱なんです。」仕事の移動中に編集Mくんがぽそっと下を向きながら呟いた。思わず吹いてしまった。「春がもうすぐ来るから大丈夫だよ。今はもう辛いよね。」そう言いながら、あー私も最近ダメだなぁって思った。悲しいことが続いたりして、寒さも続いたりして、物忘れが酷いわ、やる気が出ないわ、世の中に投げ捨てるように吐く言葉も汚いわ。何だか、そんな風に言っちゃうMくんがいいなって思った。辛い時は辛い。その感じナイス。いつもハッピーなんて、頭がイかれてる。春、楽しみだな。

普通のお昼
ぬか漬けのお新香
焼きズッキーニ
ひきわり納豆
大根の葉っぱの黒酢炒め
目玉焼きと紫蘇の醤油漬け
ご飯

菜めし

和食 16.2,2020

菜めし
炊いた米に細かく刻んで軽く塩もみした小松菜を混ぜ合わせる。
▽ 材料 ▽
炊いた米
小松菜 1束

菌活Family

和食 06.2,2020

昨年末あたりから、菌活はまってる。大根の糠漬け、昨年仕込んだ生味噌、こないだ作った自家製キムチ(甘みは砂糖は使わずに林檎のすりおろし!)、有機納豆。ほんのちょっとだけ美意識高めな夫は嬉しそうに食べてくれます。味噌汁はいつも汁を残していたけれど、「アトピー治るから飲んだ方がいいんだってよ!」と勧めると素直に飲み始めた今日この頃。冷蔵庫に菌棚を作って、色々なお味噌とか糠床とか塩麹などなどをしまっているのだけど、冷蔵庫開けてはニヤニヤしてる。

塩麹鍋

和食 02.2,2020

なんだかバタバタした一週間を過ごして、週末こそ冷蔵庫を掃除しよう!と一週間もやもやしながら過ごした。ようやく日曜日になって冷蔵庫の整理。すっかり忘れてた塩麹を発見。恐る恐る開けると、ぜんぜん発酵が進んでない様子。これ大丈夫なのかな。LIFEで安かった手羽元と塩麹を袋にいれてもみもみする。夫はしばらくツアーでいない、鍋が食べたい。出汁と、塩麹で寝かした手羽元を塩麹ごとお鍋へ、野菜も入れてぐつぐつ。ひとり鍋、結構楽しい。

塩麹鍋 2人分
鍋に材料を入れて火にかける。
▽ 材料 ▽
塩麹 大さじ3ほど
鶏手羽元 6本
大根(下ゆでする)1/3本
湯むきしたトマト 6個
きのこ等の野菜
茅乃舎だし 1/2袋

蓮根とひき肉のお酢煮

和食 29.1,2020

東京だとオーガニック生活をおくるのってお金もかかるし、意識を高く持たないと中々難しい。PARISでbioの食材とか、化粧品とか、まゆみちゃんに色々連れていってもらって、なんだか普通に選べるっていいなって。bioのこともそうだけど、エコレザーとか、ただ身体にいいだけじゃなくって、社会としての取り組みとしてのエコライフ。ちょっと気になってる。今日はオーガニック食材店の取材で、蓮根を買って帰って皮ごと食べることにした。面倒くさがり屋なので皮を向く手間が省けてラッキー。

蓮根とひき肉のお酢煮 [有元葉子さんのレシピよりアレンジ] 2人分
胡麻油で豚ひき肉をパラパラになるまで炒め、蓮根を入れて軽く炒め、調味料と水をひたひた手前くらい入れて落し蓋をして、水分がなくなるまで弱火で煮込む。
▽ 材料 ▽
胡麻油 大さじ1
蓮根 1/2節
豚ひき肉 150-200g
千切りの生姜 1片
酒 大さじ3
酢 大さじ3-4
みりん 大さじ2
醤油 大さじ3

白菜漬

和食 09.1,2020

5つ年が離れた双子の兄と姉がいる。兄は優しくて、本の虫で、学生時代にはきちんとモヒカンみたいな事もやったけど、ずっといつも今も穏やかで丁寧だ。鬼より悪魔より強くて大人になっても世界の反対にいても私を助けてくれる姉とは正反対な性格だ。そんな無敵な姉が、何回教えても緑色のひらひらした野菜を「葉っぱ!きらい。」と言っていた頃、兄は練馬の爺ちゃん婆ちゃんの白菜漬をきちんと受け継いでいた。うちの正月はハイスペック電化製品が大好きな叔父さん家族がいる東村山に泊まり、指の隙間から時々ちらっと覗けば、とにかく誰かがぐちゃぐちゃに殺されてゆく恐ろしいホラー映画と、カラオケ三昧。それから練馬の爺ちゃん婆ちゃん家でやたら酸っぱい白菜漬と血みたいに真っ赤で大きな鮪を食べ、私達子供はセールで人がごった返す池袋のデパートにお年玉を持って買い物に行くのが恒例だった。親友のみーちゃんは毎年日光で過ごすからと早々に田舎へ帰った。みいちゃん、田舎で何するんだろう。田舎で何食べるんだろう。田舎っていうものが不思議だった。そして、なんだか羨ましかった。

兄の白菜漬けが終わる。今年もとってもいい感じの酸っぱさだ。絵本に出てくるような皺くちゃの丸い背中をしたお婆ちゃんが作る田舎料理は私の正月にはない。私の田舎っていうはきっと東村山と練馬でちょっとハードで酸っぱい思い出の味なのかな。温かいご飯に乗せてパクパク食べてあっという間に完食。美味しかった。

またもや、焼き付け味噌の豚汁

和食 08.1,2020

シーズンに何回作るんだろう。
「あー疲れた!」「あー寒い!!」「栄養チャージだ!!」って日は豚汁が食べたくなる。鍋に肉を炒めて、味噌を焼き付ける。少し焦げちゃうんじゃないかってくらいにおもいっきりやる。そのあとに、水と、大きくごろごろに切った不揃いの野菜と、手でちぎったり、スプーンでこそげすくった蒟蒻を入れて、野菜に火が通ったら、味噌で味を調節する。焼きつける味噌は赤味噌や仙台味噌とか濃い色のお味噌。お気に入りは五味醤油の甲州やまごみそ。あとから入れるお味噌は気分で違う味噌にしてもいい。甘くしたい時は麦味噌にしたりとか気分で合わせ味噌にするのもちょっと楽しい。ここ3日くらい時間に追われて家の中でも小走りしてた私のカラダ中を、足のさきっぽまで豚汁が沁み渡っていく。ぽかぽかして、美味しいです。おやすみなさい。

焼き付け味噌の豚汁 2〜4人分
鍋に油をひいて豚肉を焼く。途中、味噌大さじ1を入れて肉と一緒に焼き付ける。
水をカップ3、野菜、こんにゃくを入れて煮込む。煮立ったらアクをとり10分ほど煮る。
味噌大さじ2(味をみながら)を入れる。食べる前に山椒をふるのがおすすめです。
▽ 材料 ▽
豚肉 150gくらい
お好みの野菜や豆腐 ごろごろした感じに切る(根菜など歯ごたえの良い野菜をいれると◎)
蒟蒻 1枚ースプーンでひとくちサイズに切る
▽ 調味料 ▽
ごま油 大さじ1
味噌 大さじ3ほど
食べる時に、山椒または一味をお好みで。
[京都 長文屋さん石臼挽粉山椒がオススメです。止まらなくって後悔しちゃうほどに。]