カテゴリー: 酒の肴

晩酌

酒の肴 13.7,2021

午前は瞳ちゃんと久しぶりの撮影。やっぱり撮影は楽しい。世代の近い被写体の女性、とても可愛かったな。自分の心を整える為にカウンセリングに通ってるって話をしてた。私も同意見。占いやスピリチュアルはご飯みたいな感じで、その時の栄養にはなるけど、解決の糸口にはならなかった。

同業の友人が、自分にはヒーラー的な力があって、私も受けてる所があるからと親切に教えてくれた事があった。品川の方まで足を伸ばしたけど、結局、高い値段の費用を払って、何をチャネリングしてくれてるのかよくわからなかった。「あなたは大丈夫だから。」と、そのイタコみたいな人は私の何かを感じ取りゆっくりと話をしてくれたけど、結局一人残されたような感じで寂しかった事を覚えてる。何も解決がしないままにまた、同じ日々が始まった。

夏が終わる頃に目眩と不安と動悸が止まらなくて病院へ行くことに決めたのは懸命だったと思う。彼の為じゃなくて、私の為に行った心療内科の先生とは相性が良くてゆっくりと三ヶ月程の治療で終える。治療といっても、薬を要らないって伝える事と、最近のトピックを伝えるだけ。先生は私と夫との関係に常に注視してた。病を持つ家族とそれがきっかけで病になった家族、難しい問題なんだろう。卒業の合図が出てもしばらくは心が定まらなかった昨年の冬あたり、このトラウマについては長期的に治療する必要があると思って年明けからカウンセリングへ通おうと色々と調べてる内に年を越えた。そして、年末年始、物理的に沢山の整理をして、見たく無いものを沢山見たり、書いたりして、私のトラウマは少しだけ過去においてこれたお陰でカウンセリングの事はいつしか忘れてた。そんな日の事を思い出す。

カウンセリング、私もすごくいいと思う。沢山その子と話したくなったけど、何も言わなかった。この人は素敵なんだろうなっていうのが溢れてるような人で、写真を撮らせて貰えることが嬉しく感じた。

夕方、編集の山若君と写真集の打ち合わせ。打ち合わせといっても、ちょっと話したいことがあるから時間を頂戴とお願いした。16時に山若君の知り合いがやってる神宮前のスペースで待ち合わせ。こないだのご飯の御礼にとコーヒーをご馳走してくれた。カフェインレス生活をしてる私の身体中をギュンギュン回るカフェイン。美味しい。スッキリがすごい事になってる。最近どう?みたいなお喋りしてたたらあっという間に1時間以上経過。週末から山若君はまた出張。いつもどこかに行ってる。今回もビッグクライアントの仕事。彼の敏腕編集者ぶりはいつ聞いても痛快。「煙草を吸うからついてきて。」外に出て煙草に火をつける山若君の横で私が言った。

「あのね、写真集の事なんだけど。その、本当に面白い?本当に美味しい?みたいな事を聞いてるんだけど、これ誰かの為になるのかな。なんか、私は好きで写真を撮って日記を書いてる。だけど、これは誰が喜んでくれるのかな。」

昨晩、友人何人かに聞いた。「変な事を聞いてごめんね。私の得意な事って何だろう。」好きな事はわかってるんだけど、会社に行くわけでもなければ、家族がいるわけでも無い、一人でここにいるのは居心地がいいけど、誰かや何かの役に立ってる感じが全然しなくて、すごく不安になった。何の為に写真を撮ったり、生活をしたり、生きてるんだろうって。話の趣旨は少し異なるけど、わからない時は人に聞くと答えが見つかると、中田敦彦さんのYouTube大学で言ってたのを思い出して、早速聞いてみることにした。返ってきた答えは写真とか料理っていうワードが多かったけれど、驚く言葉もあった。シミルさんが言った、”臆さない”って言葉や、リョーコちゃんの言う ”人と仲良くなるのは天性だと思うよ”って言葉。それは本当に私?って思った。すごく臆病だし、離婚をしてるくらいだもの、どんな形にせよ、人とのリレーションシップに失敗した人という事実が重くのしかかってる。不思議、自分っていうのは自分が思っている以上に知らない。

何度も山若君に言う。
「本当に私が写真集作ることに意味あるのかな。誰が喜ぶ?」

「よしみさんさ、何度も言うけど、これ面白いよ。僕は面白い。だから作ろうって言ってるんだよ。今までのよしみさんの作品の中で一番面白い。これは誰かの為に逆説的に元気になれる作品だよ。たった一人でも面白いって思うなら、本にしていいんだよ。」

うん、としか言えなかった。氷が解けてくみたいに速いスピードで安堵していく自分が何だか恥ずかしくて早口になって構成の話を始めたけど、すごく嬉しかった。本当に嬉しかった。何をしていいのか、どうしたらいいのか、一人勝手に不安の渦に落ち込んでしまったけど、ヒョイっと面白いくらい簡単に友人達が私をすくい上げてしまった。わからない時は側にいる誰かに聞いたらいいんだ。

何だかんだで外はもう夜。二人して「お腹空いたー!」って思い切りに声を上げて帰路につく。帰宅したのは8時半過ぎ。今日はもう何も考え無い。Tverで新しいドラマを見ながらビール片手に数日前のリリさんみたいに思いっきり泣いた。家族をシェアしましょうって話だった。

晩酌セット
水餃子と特製ダレ
セロリの台湾風炒め
胡瓜のキムチ
麦酒

晩酌セット

酒の肴 06.7,2021

梅雨だ。梅雨の所為だ。このどんより感。
商店街にある昼だけ間借りしてる倍音っていう珈琲屋さんで仕事をする事にした。ちょっと前に近所に住んでる石塚さんに教えてもらった。私の憧れの先輩、石塚さん。お店で会ったら嬉しいな、なんて思いながら仕事をした。エスプレッソを少なくして欲しいとオーダーして、ほぼミルクみたいなラテを飲む。すごく美味しい。

晩酌セット
日本酒のソーダ割り
白味魚のセビーチェ
青梗菜のナムル
トマトのカレーピクルス
ズッキーニとしらすの花椒ペペロンチーノ

晩酌セット

酒の肴 28.6,2021

朝の5時に起きてプリント作業。今日は昼前からスタジオで仕事の知り合いの子の前撮り。家を出るまでに色々をまとめたい。ここ二ヶ月くらい、淡々と進めてきた作業。今日で終わりにしようと決めてる。今作ってる作品は昔から作ってた作品。大好きな作品。あとちょっと、あとちょっとで終わる。

撮影を終えて、少しだけ作業して終えた。
今月はぐっと集中できた。人には時々しか会わなかったお陰で、気持ちよく作品と向き合えたと思う。姉との電話も控えた。寂しかったけど、その感情は普段、隠れてる何かをきちんと教えてくれる。辛かったけど、きっと良かった。逃げないで良かった。いや、逃げながら向き合ったのかな。

ビールを飲んだら体が一気に泥みたいになる。ベッドにどさりと落ちた。しばらくして自分のイビキで目が覚める。平和なもんだ。本当に平和。辛いこともあるけれど、楽しい。最近、辛いっていうのが楽しくなってきてる。やや、イかれてる私。どうしたものか。よく煮込んだ鍋を開けた時みたいに、これ絶対に美味しくなるよね!って、沸々と美味しさが弾けだしてる。

晩酌
キャベツと浅利の酒蒸し
ワカメと胡瓜と釜揚げしらすの酢の物
アボガドと納豆
中華クラゲと胡瓜の和え物
オリオンビール

そら豆

酒の肴 20.6,2021

試しに頼んだ千葉の農家さんから無農薬野菜が届いた。人参、キャベツ、ケール、ブロッコリー、そら豆、玉ねぎ。早速料理を始める。色が鮮やかだし、しなやか。見て触って直ぐにわかる。野菜が元気。だけど、こんな量じゃ直ぐに食べ終わっちゃうよ。思う存分食べたいなぁ。しょうがない、一気に食べないで大切に食べよう。これで3000円、やっぱり高いな。だけど、美味しい。困ったなぁ。

晩酌

酒の肴 19.6,2021

今日は女優さんを撮った。年齢は50歳過ぎ。
最近、年上の美しい女性が気になって仕方がない。更年期に入りどんどんと変化する身体。女だけど生理が終わる女になる。また次の女になっていく時間。身体の中の事情とは裏腹、姿形は美しいまま、全く取り乱したりしてない。所作だとか言葉だとかが膨大な人生の縮図に見える。美しい。ぼーっと見ていた。なんて気持ちがいいんだろう。

午後は勢いで檸檬の木を買いに行こうかなと思ったけど辞めた。家から直ぐの商店街を歩き、花を買って、スーパーでキャベツと麦酒を買って、薬局で豆乳を買って、図書館で本を借りて帰って来た。ぼんやりしてたから、結局スーパーには二回も行った。小さな街の夕方をぐるぐると歩く。

今日はまた一つ。色々な事がじんわりと動いたように思う。作ってる作品の事。今進めてる、進めたい仕事の事。並行して進んでる幾つかの事を想った。あれをやらなきゃ、これをやらなきゃっていうのも大事なんだけど、上手にまとめられないけど、がむしゃらに頑張るってもう要らないなって。5月は凄くいい月だった。色々と新しい事が始まって、色々な考え方が生まれた。手帳の日記には新大陸で見つけた細々とした小さな発見について書いてある。意外と生きていた人生なのに、もうこれからは温める事だけを考えて生きていくと思ってたのに、不思議。それに、私が浸かっていた温かい場所は、ただただ手放すまいと必死になっていただけなのかもしれないって思った。多分、もし私達に子供がいても、私は離婚を選んだと思う。離婚してから梃子が不憫でならなかったし、梃子がストレスで過敏になってしまった時期もあったけど、もう今は変わった。今までより一層大事にしたら、元気一杯になってくれた。毎日はそう上手にはいかないけど、後悔や失敗も上手にした方がいい。今月も後、半分。今月は色々を想ってる。新しく動いている何かの事を想ってる。

お風呂場が丁度夕陽でいっぱいになる時間だ。お風呂に入ろう。そして晩酌をしよう。

晩酌
キャベツとジャコの春巻き
醤油麹とマヨ
カブと紫蘇のナンプラー和え
揚げなすとタコの生姜醤油

カブと紫蘇のナンプラー和え
カブ
紫蘇
唐辛子
オリーブオイル
ナンプラー

カボス胡椒


晩酌セット

酒の肴 15.6,2021

今日は大豆田最終回。早めに晩酌セットを作って晩酌を始めた。だけど、楽しくって呑みすぎちゃって早々にベッドで寝ていた。

晩酌

酒の肴 13.4,2021

朝一番で埼玉の印刷所へ行った。昨年に撮った料理写真。とても面白い本になりそうで嬉しい。一緒にいたデザイナーの子は26才。今日は中西君の代わりに来てくれた。3年前まで滋賀県にいて、突然東京に来る事になったんだそう。人生って何があるかわからないって言ってた。臆さずにちゃっと来れるっていいな。

今日はバスとか電車とかタクシーとか、色々乗った。なんでだろう、お腹がすっごく空く。youtubeでパスタの映像を見てたからかな。家に着く頃には空腹が吐き気に変わってた。ああ、耐えられない。早く、早く、とにかく早く食べたい。小走りで家に帰って、ハルさんに教えてもらった台湾の麺線を作った。ペロリと勢いよく平らげた。何だかまだまだ食べたい。兄からもらったラッキョウと胡瓜をごま油で和えて置いたものをほかほかのご飯の上に乗せて食べる。ああ、幸せだな。温かい米の上に冷たい野菜。味付けは何でもいい、むしろそんなに要らない。この温度が重なる感じが止められない。

ボーッとするな。最近ってそんな感じ。ぽっかりしてるっていう方が合ってるかな。明日は何も予定がないから、今日はゆっくりとお酒を呑もう。晩酌って楽しい。

晩酌
豚バラのミンチとニラの焼餃子
釜揚げしらすと炒めセロリの和え物
うどの皮の金平
ぬか漬けの乱切り
麦酒


豚バラのミンチとニラの焼餃子は、豚バラをミキサーでミンチにして、酒、にんにく・生姜のみじん切り、ニラ人束を刻んだ物を混ぜる。皮で巻いて焼く。黒酢で戴きます。

アボガドと蛸のマヨ和え

酒の肴 20.6,2020

簡単で最高です。
ご飯を作る気力がない日に。

アボガドと蛸のマヨ和え
アボガド 1個
茹で蛸
赤玉ねぎ 1/4ー薄くスライスして水にさらす
紫蘇 細かくちぎる
ナンプラー
マヨネーズ
レモン汁
チリペッパー

ひとり晩餐

酒の肴 13.4,2020

朝から晩まで夫はベッドから離れない。
つい先週まで遊び歩いていたのに、急に自粛し始めた。話しかけてもたいがい無視する程に自粛中だ。ずっと寝てる。食事の時間だけ甘えて起きてくる。私って家政婦みたい、と思って少しずつイライラが積み重なっていく。最近、夫担当となった皿洗いだけど、昨日からどんどんキッチンに積み重なっていく。なんだか厭だ。空気以上に重い。家で作業をしている私にあれは要らない。夕方の大雨の中、家を飛び出してオオゼキへ走った。ビールを空けてつまみを作る。今日はもう夫と夕飯を食べたくない。いや、今夜は夫がいるけど、ひとり晩酌しよう。楽しいなひとり晩酌。

夫がいるけど、ひとり晩餐。
残り物の、砂肝のコンフィ、ターサイの中華炒め。
ぶりの生胡椒漬け焼き
若芽のマヨ和え
ビール
ぶりの生胡椒漬け焼き
材料に30分ほど漬ける。油をひいたフライパンで両面を焼く。(生胡椒はあまり火にかけないように端の方へ)途中タレをスプーンでかけながら焼いていく。
▽ 材料 ▽
ぶりの切り身 2枚
酒 大さじ1
生胡椒の醤油漬け 大さじ4
黒砂糖 大さじ1ーカケラを包丁で削る
若芽のマヨ和え
材料を混ぜる。
▽ 材料 ▽
若芽
梅干し 1個ー包丁でみじん切り
マヨネーズ 大さじ1
白ごま 大さじ1

砂肝のコンフィ

酒の肴 08.4,2020

スーパーで砂肝が安くなっている時にちょっと大量に買って冷蔵庫に常備。このままお酒のつまみに、ご飯にのせて醤油を垂らして砂肝丼に(ビールによく合うこと!止まらない。)、1週間くらい日持ちするから忘れても大丈夫。

砂肝のコンフィ 2人分
砂肝は下処理をし(面倒な時は一口大に切るだけでも)、ココットに(蓋つきの耐熱容器)ににんにく、ローリエと一緒にいれ、オリーブオイルをひたひたになるまで注ぐ。100度に余熱したオーブンで1時間ほど焼く。
▽ 材料 ▽
砂肝
皮付きのままのにんにく
ローリエ 2-3枚
オリーブオイル

ひとり晩酌

酒の肴 14.2,2020

昨晩、夫にぶち切れた。

夫は酒を絶ってる。酒を呑むと、暴れたり、罵声をあげたり、手に負えない。だからお酒はずっと控えていたのに、早く帰ると言った夜に呑んだ。過去にもたくさんある。人が死んだから呑んだ。友人がわざわざ会いに来てくれたから呑んだ。世話になってるライブハウスの周年だから呑んだ。翌朝の言い訳なんてどうでもいい。「とにかく呑まないで。」と約束をしていた。夜中の2時過ぎに酔っ払って帰宅。チャイムがなり響くドアを叩き騒いでる。家にはいれなかった。翌日は朝から撮影。心はきりきりと痛むけれど、心は切れていても写真は撮れる事を私は知ってる。

午後、電話もしたくなくて、メールで思いっきりにぶち切れた。「俺に死ねって言ってるの?」蚊の鳴く音くらい弱気な夫から返信が入る。だけど私の怒りは噴火し続けた。今日からしばらくツアーにでた夫。勝手にやればいいと思うけれど、胸が痛い。怒るのはとても悲しい。今日はひとり晩酌をしよう。そう思って重い腰をあげてつまみを作る。だけど、気持ちが乗らない。渋々と料理を続ける。出来上がったつまみは最高でうっとりした。作ってよかった。ビールも最高に美味しい。胸はまだ痛い。だけど、謝りたくなった。

ひとり晩酌献立
自家製キムチとホタルイカの和え物
キムチにホタルイカを入れて漬けておく。1日たったあたりから食べれる。
▽ 材料 ▽
自家製キムチ 適量
編集りりーさんに頂いた干しホタルイカ 適量
山椒冷奴
豆腐に胡麻油を垂らし、塩と山椒をふりかける。
▽ 材料 ▽
味が濃いめのお豆腐 一丁
香りがいい胡麻油 少々
塩 少々
山椒 [京都長文屋さん]
砂肝のオイスター煮 [渡辺有子さんのレシピのアレンジ]
砂肝を漬け汁に20~30分程つける。
油をひいたフライパンに漬け汁ごと入れて炒める。
▽ 材料 ▽
砂肝 200gー水に20~30分程浸し、ひとくちサイズにカットする
漬け汁 [オイスターソース醤油、砂糖、ローリエ、酒]
ごま油 大さじ1
エノキの中華風
フライパンに胡麻油をひいて、えのきを入れて炒める。
火が通ってきたら黒酢と五香粉をいれて混ぜ合わせる。
▽ 材料 ▽
エノキ 1袋ー根元をカットしてほぐしておく
ごま油 大さじ1
黒酢 大さじ1
五香粉 小さじ1