麻婆豆腐

『わたしを選んでくれる人』 " 雑誌の企画で綴り始めた日記 ", 中華 27.3,2021

午前は料理家のエダさんの写真を撮りに渋谷へ行く。いつも明るくて素敵な人。それに聡明。一緒にいて楽しい人って、ホッとするな。エダさんとはもっともっと色々とお喋りしてみたい。会うたびに思う。帰宅してポストを開けると、ビビッドピンクの封筒を見つけた。マユミちゃんからだ。一ヶ月前にパリから送られた一通の手紙。一ヶ月どこにいってたんだろう。時間の間に落ちたね、なんて話てたけど、ようやく来てくれた。手紙とカードとペンを持って近所の喫茶店に行く。窓辺の陽の当たる席が空いてた。嬉しい、ひとり特等席。白ワインを頼んで何度も手紙を読んだ。いつの日か私が言った言葉が中々いいって書いてある。”ネガティブであっていい、ネガティブも抱きしめて、無理にポジティブでいる必要はない”って。マユミちゃんが元気がない時にかけた言葉なのかな。覚えてなかった。

昨日、友人に紹介して貰った方に写真を見て頂いた。正直とても落ち込んでる。多分、今の私にとってはちょっと辛かったんだろう。剥き出しな状態だから、刺激に弱い。最期の希望がまるで失くなったような気持ちになってる。元気な時なら受け入れられるような言葉も、未だ痛かった。あーあ、調子に乗ってたな。この新しい世界と私は仮縫いみたいな状態で繋がり始めたばかり。堂々と世界を歩くのはきっと早かったのかもしれない。

何度も手紙を静かに読む。手紙って本当に不思議。メールだとさっと終わってしまう言葉を何度も読み返し想像する。きちんと手の中に言葉が入るように感じる。最期の方、”あなたは遠くない未来に幸せに暮らすって、予言してる”って書いてあった。何だかな、可愛い人。人には役割がきっとあるんだろう。その人なりのやり方で世界と関わってる。まゆみちゃんはいつもこういう感じ。くすっと感じるような小さいサプライズをくれる。

私は私が言ったように、ネガティブのままでいいんだ。きっとマユミちゃんの預言が当たる日はくる。焦らない。直ぐに幸せに直ぐに元気になりたいけど、そんなに次へ次へ行こうと頑張らなくっていいんだよな。心がずっと激しくボールみたいにどこかに当たっては跳ね続けてる。疲れたな。

マユミちゃんに手紙を書いた。確か、20代前半にベルリンで買ったと思うポストカードに小さい字で、今感じてる事を丁寧に書く。今日が辛い事、手紙に救われた事、気づいたら桜が咲いていた事。2週間後のパリに、時空を超えて今日がどんな風に届くんだろう。

————————————————————————–

『わたしを選んでくれる人』3月28日 ” 雑誌の企画で綴り始めた日記 “

あれから友達の友人の夫とマッチングしたアプリはヤメた。そこで会った書く仕事をしてるタカシさんとLINEを交換したけど、LINEはあまりしてない。なんかメッセージを頑張るのが怠い。それに夜にただいま、朝におはようなんて、見知らぬ男から四六時中アラームのようにLINEを鳴らされても困る。もう一つのアプリは何となく稼働中。山若くんの「自由にやって」という言葉を十分にはきちがえて、ただただ失礼な女になってしまった様にも思う。男の人ってロマンな生き物だから、犬を抱き抱えて微笑む女の写真にこっぱ微塵に、ざくざくと微塵切りにされたらさぞホラーだろう。今更ちょっと心が痛む。何となく既読スルーにしてる人が数人。今日まで何となくメッセージしてる人が一人。ユタカさんっていう広告関連の人。デザイナーだろうと風貌から推測。フツーのやり取りをしてる。

粕汁の作り方とか、酒を飲むかとか、お酒が不味くなる様な酒場が私は嫌いだとか、ユタカさんが自転車で飲酒運転をして転んで顔面を擦りむけたとか、そもそも飲酒運転は良くないとか、適当に気張らないメッセージをしてる。良かったらお茶かお酒でもって数日前に連絡が来て、友達に返信するみたいにOKって返した。酒場が嫌いな事に関して理由を聞かれたので、隠すのも面倒だし、元夫との離婚の原因が酒だと伝えると、自然にメッセージはいつもの様に続いた。この人は何かを経験してる人な気がする。余計な事は聞かないし言わない。こういうバランス感覚って経験して無いとわからない。子供みたいに「何でどうして?」と聞いたり、昼過ぎの主婦の様に「可哀想〜」と空の同情をかけたり、付き合いたての男が直ぐに結婚を口にする様に「俺なら君を守る」みたいな綿飴くらいやわい言葉も言わない。

麻婆豆腐
豆腐 1丁
豚こま肉 粗くみじん切り
ニンニクの芽 3本
ピーマン 2個
にんにく・生姜 1片
豆板醤 小さじ2
醤油 小さじ1
ナンプラー 大さじ1
片栗粉
鶏ガラスープ カップ1
塩・胡椒
胡麻油