茄子の味噌炒め

中華 14.9,2020

悲しい唄を悲しくない時に聞くと気持ちがいい。
サムスミスが好き。「サムスミスってゲイなの?」サムスミスを知ったばかりの時に、何となくねーちゃんに聞いたら「どうみたってゲイでしょ。」って。ゲイでもゲイじゃなくてもどっちでもいいんだけど、男が男っぽく悲しい唄を歌うんじゃなくって、男の声で女みたいに悲しい唄を歌うのがすごく心地がいい。女が悲しい唄を歌うのは辛い。だからサムスミスがすごく好き。

やっぱり夫も好きだ。最低な事を散々されたけれど夫を嫌いになる事は出来ない。それに、夫が最低な事をするのを止められなかったのは私のせいな気がした。それは夫が本当に弱い人間だっていうのを知ってるから。俳優の伊勢谷さんが逮捕された事件を見て思った。伊勢谷さんのニュースを見れば見るほどに、まるで夫みたいな人だった。弱い人間である事は悪くない。弱い事を知っていて、助けてあげない方がよっぽど悪い。きっとそう。もし、側にいたら助けてあげればいい。怖いのはみんな同じなんだから。この人は普通じゃないって事が側にいればわかる。思いっきりに爆発して思いっきりに堕ちる。そんな事は誰が見てもわかる。だからって放って置いたら、そのまま綺麗に落ちて行く事だろう。そうやって夫は踏み外していった。

夫は荷物を全て持って出て行った。2年前と同じ事ばかりを言う。俺の言う通りにしろ!好きにやらせろ!酒もやめられないし、嫌なら離婚でいい。お酒が始まった途端にそんな事を急に言われても、簡単に離婚を選べない。私達は半年前、一緒に食卓を囲んでた。冬には生命保険を掛け合って、昨年の10月は新婚旅行に行った。酒乱を乗り越えたから。夫婦としてここからがスタートだと思っていた矢先だった。

毎日にまだ私は迷子になる。夫に会いたいが怖い。それに夫の影の無い家が段々と心地が良い。汚れないトイレ、溜まらない洗濯物、夜は静かに暗くなってくれる。夫の為に使ってきた時間が余りに多すぎた。急に沢山の時間がやってきて寂しい。だけど、もし、これからもあれが続くのなら、帰って来なくてもいい。2年前に相談してた大人たちが、2年前と同じ事を今もなお、私に言う。「自分の人生なのだから、幸せになってほしい。」その言葉がようやくわかってきてる。最近気に入ってる渋谷パルコのeatripの花屋さん。そこで私の身長くらいの植物を買ってきた。ポリシャスっていう丸い葉っぱの大きな木。テコとふたりになったこの部屋が好きになれそうな気がしてる。毎日は更新されていく。哀しいも嬉しいも色々が更新していく、きっと明るい方へ。