ポークカレー

カレー 01.2,2021

あっという間に1月が終わった。さぁ、気合い入れて行こう!そう思った矢先に朝から寝坊した。もう光の中にいる事はわかってるんだけど、しばらくベッドに潜っていよう。昨晩見た映画が辛くて、嫌な夢も見て、気分はどんよりしてる。LINEを開くと姉からココがソファーで気持ち良さそうにしてる写真。メッセンジャーにはまゆみちゃんから犬の動画。マッチングアプリを開くと、映画と本のメッセージ。今日はだらだらしようかな。

————————————————————————–

『わたしを選んでくれる人』2月1日 ” 雑誌の企画で綴り始めた日記 “
catmobさんっていう人は映画好きみたいで、映画のメッセージをやりとりしてる。私が昨晩見たトムハンクスが無人島でとにかく苦しい4年間を生きながらえるっていう、レビューでは最高とされてたけど、私的には史上最悪な恐怖だった映画の話について返信した。やりとりを始めたばかりのゆうきさんは本が好きで、いつも寝る前に本を読んでるんだそう。昨日は村上春樹と小澤征爾の対談の本だって書いてあった。小澤征爾さんは中学の親友だったミワコちゃんが大好きだったので何だか親近感。選ぶ言葉も改行の仕方もいい感じだから、言葉の仕事をしてるんじゃないかなって勝手に想像してる。年は10位下。友達になってみたい。それに、ゆうきさんのプロフィールに「もうすぐ花と話しそうです。」って載ってて、そのフレーズが気に入ってる。

昨日の最悪な映画、トムハンクスは無人島の一人ぼっちの暮らしで、ウィルソンのボールにウィルソンっていう名前をつけて友達になった。いつも二人は一緒でウィルソンがトムハンクスの心の支えとなった。何だか、友達って誰でもいいんだなって、そこは面白かった。無人島で一人だけど一人じゃない。寂しいっていうのは生きている以上、ずっと隣にいる友達みたいなものなのかも。別れた夫が中目黒の酒場に通ってる時、沢山の女が入り浸ってるのを見た。当時は、ああはなりたく無いと思ったけど、消化出来ない寂しさはきっと同じ。夜でも男でも、愛でも満たされない。それが自然なんだろうな。だったら、やっぱりもう寂しさとは友達になった方がいい。男ならちょっとくらいブサイクな生き方でもかっこよく見えるかもしれないけど、女のブサイクは汚い。煙草を揺らがしても、それに勝るような香水が漂う体臭はキツいし、夜の光に耐えるメイクも今にも壊れそうで醜い。天井に突き刺すような大きな笑い声も耳を塞ぎたくなる。あの酒場の事を思い出すだけでどんよりする。とにかく厭。
やっぱり、私は潔く寂しさと友達になろう。花に話しかけてみるのもいいかもしれない。
ポークカレー
豚肉 200g
玉ねぎ 1個
林檎すりおろし 1/3個
にんにく・生姜
砂糖 小さじ1
クミン 大さじ1
バーモントカレーのルー 2片
ケチャップ・ソースを少々