Tomato spaghetti

Journal 02.4,2018

昨日、中目黒での展示が終わった。
体が泥みたいで、朝から用事を済ませるのも泥がじゃまして全然足が前にでない。昼過ぎに家に戻ってトマトスパゲッティーを作って食べた。ずっとストップされてた涙がどくどくと溢れでた。

初めてL.Aに行ったときかな、トマトの味しかしないスパゲッティーを作ってくれた。
私の横で姉は嬉しそうに山みたいなスパゲッティーをもりもり食べている。幸せそうに食べている。すぐにL.Aも彼のことも、彼との姉の生活も大好きになった。それからKittycatという名前の虎みたいなぶたみたいなどら猫が一匹。3人と1匹の数日間の暮らしは本当にとっても楽しかった。

すぐボリュームマックスみたいな大きな声をだすし、運転はまぁ荒くってカーレースみたいなことを平気でするし、ナコヘッドとかFuckとかそいういうのを人前で堂々と言うし、なんて奴に、なんて素晴らしく面白い旦那に、姉は嫁いだものかと、彼と家族になれたことが妹として本当に誇らしかった。いつもyoyo美味しい?とかyoyo元気?とかyoyo!!yoyo!!と私の名前をHi!!みたいにもういいよってくらいなんどもなんども呼んでは私のことまでとってもたっぷり大事にしてくれた。

一昨日に兄から電話。一言だけだった。わたしも、「うん、わかった。」と要件だけ聞いて電話を切った。二人とも何かを話す気にはなれなかった。

明後日、L.Aにさよならをしに行く。トマトスパゲッティーは、哀しいときも、嬉しいときも、これからも何十回、何百回と、何度だって私は作り続けるし、その度に沢山の思い出と一緒に食べる。トマトスパゲッティの赤いきらきらはきっと彼のように愛がたっぷりな奴ってこと。きっとそう。きっとそうだ。